SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス一覧

1~15件(全20件)
  • 300.png
    2020/12/18

    顔が見えない電話商談でも成果を出す人の特徴は? ポイントは「シンクロ力」と「共感力」

     新型コロナウイルス感染拡大の影響により、飛び込み訪問や面談での営業活動が激減した。その代わりに増えたのが、メールやSNSでのアプローチだ。それでお客様との商談の機会が得られれば良いが、急なメールやSNSのアプローチには、反応がほぼないもの。あなたも苦戦しているのではないだろうか。そこでどうしてもテレアポをせざるを得ないケースも少なくない。電話は顔が見えない中でのコミュニケーションだ。今回は、電話で結果を出す方法について紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/11/10

    学生は営業にどんなイメージを持っている? 9割が希望する「リモート営業」3つのポイント

     いつの時代も「営業・セールスの仕事は辛い」という印象があるが、今の若者は営業職にどんなイメージを持っているのだろうか? 一方、ここ最近一気に営業のスタイルが変わり、あっという間にリモート営業が主流になっている。すでにお客様に実際に会うということ自体が珍しくなってきている営業スタッフも多い。これからは、オンラインの営業術を身につけた人が結果を出すということになるが、リモート営業ではリアルの営業と違うノウハウが必要になってくる。学生の営業へのイメージと、リモート営業の3つのポイントを紹介させて欲し...

  • 300.png
    2020/10/29

    リモート営業が主流になる時代へ 対面時よりも「表情」に気をつけてみよう

     リモートの営業がかなり増えてきた。あっという間にリアルの対面営業から、リモート営業が主流になるだろう。すでにお客様に実際に会うこと自体が珍しくなってきている営業スタッフも多い。ただリモート営業には、リアルの営業と違うノウハウが必要であり、別のトレーニングも必要になってくる。その違いについて紹介させて欲しい。

  • 300.png
    2020/09/29

    チーム営業時代のリーダー力 部下は何に悩んでいる? 世代間ギャップはどう解消する?

     いま、結果を出している会社には共通点がある。それは”チーム力がある”ということ。営業スタッフが孤立して争っているのではなく、チームが一丸となることで結果を出している。足の引っ張り合いをするより、協力し合ったほうが良い。ただ、そのためにはチームを率いるマネジメント力が必要になってくる。結果を出しているリーダーとはどんな人なのだろうか? その人物像についてご紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/08/25

    コロナ禍に営業が取り組むべきスキルアップとその活かし方

     新型コロナウイルスの影響が長期化している。終わりが見えない状況に経営者をはじめ、多くの営業スタッフたちも焦り始めている。だからと言って大切なお客様に「困っているので買ってください!」と迫っても良い結果にはつながらない。下手をすれば、これまで時間をかけて築き上げた信頼関係を台無しにしてしまいかねない。こんな時期、営業スタッフはどう行動すればいいのか? 私がベストと考える方法について紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/07/09

    凡人営業が番狂わせを起こす唯一の方法 役立つ情報を届け続ける「営業レター」の威力

     新型コロナウイルスの影響で働き方が一気に変わった。自宅で仕事をしたり、テレワークをしたりする人も増えている。営業活動も例外ではない。リアルから、ZoomやTeamsなどを活用したオンライン営業一気に移行した。こういったツールを使いこなすスキルも必要だ。しかし、もっとかんたんで効果のあるアプローチ方法がある。その方法についてご紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/06/26

    営業新時代に身につけておきたいメールスキル 顧客が読みたくなる書き出しとは?

     ほんの少し前まで「足で稼げ」もしくは「行動量=結果」だと言われてきた営業。お客様のところへ直接訪問して提案を行うことがセオリーだった。しかし、新型コロナウイルスの影響によって状況は一転。リアルな訪問活動から、リモート営業へと一気に移行している。コロナ禍が落ち着いたとしても、今後はリモートでの営業活動が増えていくだろう。ウェブ商談やチャットでのやりとり以上に、日々の顧客との関係構築や新規営業に使われるのはメールだ。ということはメールをうまく操れるかどうかで、今後生き残っていけるか、そうでないかが...

  • 300.png
    2020/06/05

    トップセールスが実践している顧客の本音を見抜くための第一歩とは?

     トップ営業マンはお客様の本心を読み取る技術に長けている。会話の中からちょっとした違和感を察知し、本当のニーズを見つけ出す。本心を読みとった提案は競合会社の提案とはひと味もふた味も違う。結果、どんなに強い競合がいても勝ち抜くのだ。一見難しいスキルだが、普通の人でもできることはある。今回はお客様の本音を読みとる心がまえを紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/05/12

    意外に実践できてない?「やることリスト」と「30分スタートダッシュ」でテレワークを乗り切ろう!

     コロナウイルスの影響で働き方が一気に変わり、その変化についていけず戸惑っている人が実に多い。変化に対応するために時間術や働き方のノウハウを学ぶのもいいが、その前にやってほしいことがある。今回ご紹介する「知っているけど意外にやっていないノウハウ」を実行して、大きな変化の波を乗りこなして欲しい。

  • 300.png
    2020/04/08

    意外とキチンとできていない!名刺交換の心得をトップ営業に学ぼう

     人の印象は出会って15秒で決まるとも言われている。ということは名刺交換をした時点で「この人と話をする価値がある」もしくは「この人はダメだな」と判断されるということだ。結果を出している人は出会いの瞬間の重要性を熟知しており、名刺交換時にすでにアドバンテージをとっているものだ。トップ営業マンが工夫している名刺交換について紹介させていただきたい。

  • 300.png
    2020/03/26

    トップ営業マンが実践するお客様の心をつかむためのシンプルなトークとは

     トップ営業マンは短時間のトークでお客様の心をつかみ、ダメ営業マンは熱心にトークをしても無視される。トークの内容自体はそれほど差がないのにも関わらず。なんとも不公平なものだ。トップ営業マンはどうやってお客様の心をつかんでいるか?そのトーク構築方法について紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/02/28

    モヤモヤとした気持ちで仕事がはかどらない……そんなときにおすすめな「身体と頭」のデトックス

     結果を出している人はしっかりと身体のコンディションを整えている。より高いパフォーマンスを発揮するためだ。“体のコンディションと結果は密接に結びついている”ということはいまや常識になっている。しかし、わかっていてもなかなか実行できないという人も少なくない。まずは何をしたらいいのかをご紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/01/24

    凡人に必要な「時間厳守」という戦略 営業が信頼を得るための重要な心得

     仕事ができる人は時間厳守である。一方、「ちょっと遅れても許される人」が存在しているのも事実。しかも結果を出していることも多い。このような人が近くにいると「結果さえ出せば時間は守らなくてもいいのかな」と勘違いすることもある。時間に対する考えかたについて解説させていただきたい。

  • 300.png
    2019/12/20

    令和のいま「飲みニケーション」はブルーオーシャンである!クレバーに仕事以外でも顧客と付き合おう

     かなり前から、悪しき慣習とも言われることも多い「飲みニケーション」。アルハラ(アルコール・ハラスメントの略)という言葉もあるくらいで、部下をちょっと誘っただけで問題になることもある。とくに20代の若者はこういったコミュニケーションを嫌がる傾向にあるものだ。しかし、人がやらなくなったところにチャンスはある。トップ営業マンは実にクレバーな方法で飲みニケーションを利用している。その秘訣についてお伝えしたい。

  • 300.png
    2019/11/25

    対面営業スキルを最速で上げるふたつの方法

     トップ営業マンは対面営業に強い。初めて出会ったお客様との距離を一気に縮め、信頼を勝ちとる。逆に結果を出せないダメ営業マンは、出会ってから数秒でミスを犯す。結果、お客様に警戒心を持たれてしまい、チャンスを失うのだ。その違いはほんの些細な差でしかない。短時間で対面の営業力を飛躍的にアップさせる方法を紹介させて欲しい。

1~15件(全20件)
All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5