SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

著者情報

  • 吉澤亨史(ヨシザワコウジ)

    元自動車整備士。整備工場やガソリンスタンド所長などを経て、1996年にフリーランスライターとして独立。以後、雑誌やWebを中心に執筆活動を行う。パソコン、周辺機器、ソフトウェア、携帯電話、セキュリティ、エンタープライズ系など幅広い分野に対応。

執筆記事

  • 2559_th.jpg
    2021/06/16

    コロナ禍は営業とマーケティングが歩み寄るチャンス セールス・マーケ連携で営業効率を上げるHENNGE

     さまざまなクラウドサービスと連携して、情報漏えい対策、デバイス紛失対策、不正ログイン対策をクラウド上で実現するクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」を提供するHENNGE。10年ほど前までは「営業力が強い」会社で情報をExcelで管理していたという同社だが、Salesforceの導入・定着や営業によるマーケティングの施策実行などに取り組み、コロナ禍でもセールスとマーケティングの連携を強めている。今回、クラウドセールスマネージャーである三宅智朗さんと、デジタルマーケティングを担当す...

  • 2542_th.png
    2021/06/09

    「セールスもプロダクトの一部」 品質と意識共有にこだわり成果を挙げるエンタープライズセールスチーム

     従業員同士がお互いに報酬を送り合う「ピアボーナス」を実現するウェブサービス「Unipos」を提供するFringe81。同社のセールスチームは、コロナ禍で商談が従来の約3分の1に減少するという危機に面したが、うまくエンタープライズ市場に軸足を移しさまざまなアイデアで営業のチーム力を向上。導入社数500社を突破するなど着実に成果を挙げている。その中心となったのが、Uniposのエンタープライズセールスチームのマネージャーである田中翔さんだ。これまでとまったく違う環境下でどのように成果を挙げる組織を...

  • 2457_300.png
    2021/05/14

    インサイドセールス導入で新規獲得率は3.5倍! マイナビ流「急がば回れ」の営業改革事例

     人材ビジネスや生活情報事業など、多様な事業領域を展開するマイナビ。営業組織が強い同社では、広告メディア「マイナビニュース」や「マイナビウーマン」などを運営する、コンテンツメディア事業部においても一定規模の営業組織を持ち、広告代理店経由ではなく広告主に直接アプローチする営業手法を取っている。近年、フィールドセールスの属人化や、営業パーソンのリソース配分などの課題を有していた同事業部では、2019年の1月にインサイドセールスを立ち上げるなどの営業改革に取り組んでいる。組織変革の取り組みを牽引する同...

  • 2437_th.jpg
    2021/05/11

    営業との協働に苦労も――MA×インサイドセールス活用で契約数を3.8倍にしたリクルート村上さん

     企業と求職者をマッチングするサービス「リクルートエージェント」を提供するリクルート。求人需要が右肩上がりとなっていた2014年以降、「営業リソース」「タイミングよく顧客と接触すること」に課題を抱えていた。そこで、インサイドセールス×MA導入を通して営業・マーケティングの効率化・改革に取り組んだ結果、4年間で契約獲得率は3.8倍に向上したという。取り組みをけん引してきた同社クライアントマーケティンググループ 兼 営業支援グループの村上良郁さんに、「営業が強い」イメージの強いリクルートグループの中...

  • 2398_300.png
    2021/04/15

    複雑化したカスタマージャーニーを制する 日本オラクルが考える、顧客の変化を逃さないデータ統合のススメ

     コロナ禍により激変を余儀なくされた営業活動。リアルな活動が制限される中で、リモート営業が急速に進化し、かねてからのDXの流れと相まって、日本国内のみならず、世界的な変化の時期を迎えている。そこに大きく貢献しているのが、営業組織・活動を支援するテクノロジー企業だ。今回は、日本オラクルでクラウド・アプリケーション事業統括 CXクラウド事業本部長を務める桑野祐一郎氏にセールスの現況からサブスクリプションビジネスの台頭による顧客接点の変化など、さまざまなお話をうかがった。

  • 2388_300.png
    2021/04/09

    世界の営業組織調査から見えた2021年のセールス3大トレンドは? セールスフォース・ドットコムが解説

     コロナ禍の2020年、世界的に外勤営業がオンラインへと移行した。変化の中で、営業担当者や営業リーダーの考え方はどう変わったのか、今後の営業組織のテクノロジー活用のポイントはどこにあるのか。セールスフォース・ドットコムでは、年次調査レポート「セールス最新事情」でその状況を明らかにし、考察を加えている。同社のマーケティング本部でプロダクトマーケティングシニアマネージャーを務める秋津望歩さん、ストラテジック営業本部で本部長を務める作田遼さんにレポートが示す結果と自社の営業組織の取り組みをもとに、「営...

  • 2366th.png
    2021/03/31

    コロナ禍でも顧客数85%増 HubSpotのトップセールスが体現する顧客が求めるインサイドセールス

     HubSpotが実施した「日本の営業に関する意識・実態調査」によると、コロナ禍を受けて営業活動への意識が売り手、買い手ともに大きく変化している。特に、「非訪問営業が好ましい」と考える買い手の割合は、前年の調査から逆転している。非訪問の営業として「インサイドセールス」に取り組む企業も増加しているが、いま顧客が本当に求めている営業スタイルとはどのようなものなのか。HubSpot Japanの2020年の実績に大きく寄与した足立直矢さんにお話をうかがった。

9件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5