SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZineニュース&人気記事ランキング

2022年いちばん読まれたSales Tech関連の記事はどれだ!? アクセストップ10

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 2022年もっとも読まれたSales Tech関連の記事はどれだ!? アクセストップ10はこちらです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

2022年のSales Tech関連記事 アクセストップ10

第1位 営業リーダーに必要なのは「担当営業以上の顧客解像度」 LegalForce・浦山さん

第2位 44歳でプロレス業界へ転身!新日本プロレス 大張社長が語るストロングスタイルのキャリアデザイン論

第3位 プロダクトとIT営業の理想の関係性──3社の日本法人立ち上げを成功させたPendo高山氏が語る

第4位 なぜ「営業目標」は達成しなければならないのか?

第5位 インサイドセールスは「事業の心臓」 ビズリーチの若きリーダー・潮田さんに聞く

第6位 「セールスキャパシティ」を最大化しよう! 重要な3要素とマネージャーが引くべき「レバー」とは

第7位 報酬設計は「外資企業だからできる」ものではない 組織と人の持続的な成長を促すポイント

第8位 成長にどん欲な組織に必要なのは“営業活動の原理原則・本質を問い直す時間” #旬トレ・向井さん

第9位 エンタープライズセールスにおける、決裁者/推進者への最適なアプローチ方法とは

第10位 営業がお客様の戦略的パートナーに! 「創注」実現に向け凸版印刷が取り組むマネージャーイネーブルメント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZineニュース&人気記事ランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4413 2023/02/02 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング