SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「薄い営業トークでビジネスは動かない」と広告から教わった アタラ清水さんが考える営業とマネジメント

2019/08/05 07:00

現場のためのテクノロジー活用は、結果となり返ってくる

――もう少し広い視点で顧客の課題に向き合うことを大切にされているということでしょうか?

そうですね。弊社自体もそうです。いままで「アタラです」という電話の新規営業は1回もしたことないんですね。「マーケティング」が大事なので、それを自分たちが体現して発信していれば顧客が興味を持ってくれると思っています。

マーケティングの課題を解決するための情報を発信していくと結果的にアタラにビジネスがやってくるという。その思想が現れているもののひとつが「Unyoo.jp」というメディアです。そこにアタラのリンクは実はひとつもつけていないんです。

営業という言葉がずっと好きではなくて。「営業目的」とか「営業っぽいな」とかそういう言葉が出てきてしますし……。営業感の出るウェブサイトにしたくなかったんです。

――自社でマーケティングを体現されているというのは素晴らしいですね。マネジメントについても常々考えられていると思うのですが、最後にひとつ。これから、テクノロジーの時代は、マネジメントがどうなっていくべきだと思われますか。

当社のマーケティング・セールス活動のインフラとなっているツールはふたつあります。ひとつが先ほどのCRMでもうひとつがBIです。会社には思想があり、その思想に共感したメンバーが会社へジョインしてくれていると思っています。そのジョインが良い意味でメンバーに跳ね返っているかというのをBIで見ています。社員のハッピーと会社の思想がつながっているかをテクノロジーで管理しているということです。

各コンサルタントが想いを持ち、特技がある。それを自社メディアやイベント登壇で発揮しているとき、そこにどんな反響が来ているかを見える化しているんです。

それが自信にもなってほしいし、さらに活発に動くようになるきっかけになると嬉しいです。マネージャーが部下の顔を見て話すような1on1も大事なのですが、全体に見える化することで社員同士もつながることができるんですね。社員のモチベーションのためにも、テクノロジーを活用すれば成功すると思います。経営層の売上管理のためだけだとダメですね。

 

――テクノロジーでマネジメントもできるけど、まずは現場が自分のやっていることが見えてモチベーションが上がるということが結局大事なんですね。

そうですね。Slackも1年以上前から導入して、ソーシャルで自社・コンサルタントに関する反応があれば全社員閲覧できるように通知設定しています。社員のプレゼンスを上げていくことも会社としてのミッションですし、そこをテクノロジーでどう解決しようかとはいつも考えています。

まずは現場のメンバーの個性に磨きをかける、士気を上げるために導入する。そうすると結果的に会社の成長にも跳ね返ってくると思いますよ。モノを売るとか数字をつくるとかは、時間はかかるけれど結果的についてくること。今日明日で数字が良くなるわけではないですけれど、こういうやりかたであれば信頼関係を損なわずビジネスができると思っています。

――清水さんのマインド、とても勉強になりました。ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5