SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2022 Winter(PR)

企業の継続的な“稼ぐ力”を高める秘訣! 正確な売上の予測とギャップを見える化する

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 2022年1月25日と26日の2日間にわたって開催された「SalesZine Day 2022 Winter」。今回は「自走する組織をつくる育成・オペレーション」をテーマに、コロナ禍の困難な社会情勢においても成長を続ける各社の取り組みが紹介された。本稿では、昨年に日本進出を果たしたXactly(エグザクトリー)代表取締役の福眞総一郎(ふくま そういちろう)氏が登壇したセッション「今こそ問われる日本企業の『稼ぐ力』 ―企業の『稼ぐ力』を継続的に生み出すXactlyのSaaSプラットフォームとは?」の内容をお届けする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

売上予測を武器にXactlyが今、日本に進出する理由

 Xactly(エグザクトリー)は米国カリフォルニア州のサンノゼで2005年に創業され、ガートナーのマジック・クワドラントのセールスパフォーマンスマネジメントの領域において7期連続でリーダーとして選出されているSaaSプロバイダーだ。“エグザクトリー”と読む社名のとおり、売上予測をはじめとする提供価値の“確かさ”を武器に、全世界1,200社以上で導入されている。

 売上予測、営業計画、報酬管理の各種機能をもつXactlyのサービスは、予測可能で持続的な企業収益を生み出すことから、「インテリジェント・レベニュー・プラットフォーム」と呼ばれる。米国ではすでにあらゆる業種で導入が進んでおり、むしろExcelなど手作業を必要とする状態のまま売上予測を管理する営業組織のほうが減ってきているという。

 
Xactly 株式会社 代表取締役 福眞総一郎氏

 創業から16年を迎えるXactlyだが、実は2021年末に日本進出を果たしたばかり。満を持してこのタイミングで日本進出をすることになった理由について、福眞氏は3つの理由を挙げた。

 ひとつは、収益性の向上が日本企業における喫緊かつ最大の経営課題として如実になってきている点だ。福眞氏は「Xactlyはまさにトップライン(売上高)とマークアップ率(原価に対する利益の割合)の向上を伸ばすソリューションとして日本に大きく寄与できる」と語る。

 一方、労働人口は減少している。終身雇用からジョブ型雇用への転換という機運もあるなか、柔軟な雇用形態や報酬体制でしっかりと社員に還元する仕組みづくりが求められている。報酬管理にも強みをもつXactlyは、こうした日本の現状とも親和性が高い。

 さらに、日本においてDXの取り組みやSales Tech導入が広がっていることもXactlyの日本進出を後押しした。いまや日本でも多くの企業が顧客データ・営業活動データの一元化を目指し、SFAやCRMを導入するようになり、SFAとの機能連携が必須なXactlyにとって、日本での素地が整ったというわけだ。

次のページ
意思決定の質を上げ、営業組織の悪循環を好循環へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
SalesZine Day 2022 Winter連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3197 2022/03/08 11:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング