SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス(PR)

SalesforceとExcelの“イイトコドリ” RaySheetでコロナ禍の情報共有課題を解決!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 Excelの画面でSalesforceに入力できる――営業組織のSFA入力課題を解決できるそんなツールがあるのをご存じだろうか。グレープシティが提供する「RaySheet」は、多くのビジネスパーソンに馴染みの深いExcelライクな画面と機能で入力業務への心理的なハードルを下げ、効率化を可能にする。コロナ禍でオンライン商談やオンラインのコミュニケーションが主流となった今、意外とつまずく人の多い情報入力・共有の課題を解決するポイントを同社の里見哲也さんにうかがった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

コロナ禍で進む営業組織の個人商店化

――里見さんが現在担当されている業務と、「RaySheet」の概要についてうかがえますか。

エンタープライズソリューションズ事業部でアウトサイドセールス、いわゆる外回り営業を担当しています。コロナ禍では、オンライン商談を中心にお客様とコミュニケーションをとるようになりました。弊社では製品ごとに営業担当が分かれているのですが、私はRaySheetをはじめとするRayKitシリーズの主担当を務めています。

 
グレープシティ株式会社 Enterprise Solutions事業部 営業部 シニアアウトサイドセールス 里見哲也さん

RaySheetをひと言で表すなら「SalesforceとExcelの“イイトコドリ”ができるアプリ」でしょうか。Salesforceの画面をExcelチックに表現し、キー操作によるコピー&ペーストや関数を使った計算も可能で、使い心地もExcelそのものです。最近お客様から好評だったのは、セルにカーソルを合わせるだけで入力・編集ができる機能です。一見なんてことのない地味な機能のようですが、入力するたび編集モードに切り替える工程を面倒に感じていたお客様が多く、商談で響きやすいポイントのひとつです。

――御社自身がSalesforceとRaySheetを駆使して営業活動を進めていらっしゃるとのことですが、営業組織として抱えていた課題について教えてください。

担当制を敷いているため自分の製品に集中しやすい反面、ほかのメンバーとの交流が少なく個人商店化してしまっていた点は課題だったと言えるかもしれません。当社に限らずお客様からもよく聞く声ですが、コロナ禍では周囲の状況がさらに見えづらくなり、他のメンバーがお客様とどのようなやりとりをしているのか、どれくらいのリードタイムでクロージングまで運んでいるのかなど知る機会が減ってきています。

 

コロナ禍に関わらず、日頃から活動状況をこまめに入力する習慣のない無精者が営業チームには一定数いると思います。かく言う私も、昔からの癖で商談の内容をノートやテキストファイルにまとめており、同じ内容をSalesforceへ入力する作業を億劫に感じてしまい、初期やクロージング期の商談しか活動履歴を入力していませんでした。

リーダーが入力項目の雛形を作成したことをきっかけに組織横断で情報共有をする流れが生まれ、今は各自でRaySheetの便利な機能を活用してSalesforceに情報入力しています。チームをまとめるリーダーの立場からすると、商談の過程が見えてメンバー間の情報共有が盛んなほうがチームの総合力を上げることができますし、この仕組みがうまく回り出す前のリーダーはメンバーの商談状況の把握やアドバイスをどう行うかについて、相当苦労していたと思います。

次のページ
商談件数増加で情報整理が追いつかない!便利なRaySheetの機能

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

渡辺佳奈(ワタナベカナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、現在はコーヒーショップで働く傍らライターとしても活動する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/1956 2020/12/22 20:04

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング