SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2023 Winter

2023年1月26日(木)10:00-16:00

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2022 Summer(PR)

リモート下の育成、3つの基本アプローチとは? CTIを土台に「変化に強い」インサイドセールス組織へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 市場変化だけでなく、自社の組織づくりや採用の不確実性も高まってきた昨今。環境の変化に耐えられる営業組織を目指し、分業化やシステム導入を進めている企業が多いだろう。SalesZine Day 2022 Summerのセッション「VUCA時代に勝つ企業が目指す『サステナブルな営業組織』とは」では、RevCommのSMBセールス マネージャー・芦田智美氏が登壇し、SFAとCTI(IP電話)を土台とした営業組織のオペレーション構築について解説した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

営業組織の不確実性も高まる時代に見直すべきポイント

 RevCommはAIを搭載したクラウド型のIP電話サービス「MiiTel」を提供している。通話内容を録音・解析し可視化するサービスだ。ユーザー数は約3万6,000、通話実績は1億回を超える。芦田氏は「とくにインサイドセールス組織での活用が非常に多くなっています。インサイドセールスを導入している方や、立ち上げを検討している方にお役に立てるお話ができたら」とセッションを始めた。

 VUCA時代といわれる昨今、市場の不確実性はもちろん、営業組織においてはオンライン商談やリモートマネジメントの必要性などオペレーション面での変化が起きている。こうした変化に対応できるよう、「従来の手法・体制を見直し、組織の持続的な成長を支えることが重要なポイント」と芦田氏は言う。

株式会社RevComm  SMBセールス マネージャー 芦田智美氏

 見直し、改善していくポイントとして、芦田氏は3点を挙げた。ひとつめは「可視化」。勘や経験に頼っていた営業活動を、データドリブンに変えていく必要がある。ふたつめは「仕組み化」で個々人に依存していた営業スキルを言語化して再現性を持たせていくことだ。3つめは「安定化」。優秀な担当者がひとり離脱すると大きく売上が崩れてしまうことが起きないように、安定的に売上を積み上げられる組織づくりをしていくことである。

土台となるシステムを整理する

 実際、営業組織のDX化に取り組む企業は増えており、SFAやMAをはじめ、営業の業務にまつわるツールはたくさん登場している。しかしどのタイミングでどんなツールを導入するべきかは悩ましい問題だろう。芦田氏は手始めに「SFA」と「CTI(IP電話)」ツールを導入することを勧めた。

 SFAはすでに導入している企業が多いが、CTIも「SaaS企業以外でも営業組織の分業化が進んでいる現在、非常に便利」と芦田氏は言う。SFAだけでは、インサイドセールスの通話の記録は担当者の記憶頼りになり網羅的に残りにくい。入力漏れや、バイアスのかかった情報になってしまうおそれもある。「それらの課題を解消するのにCTIは適切。ファクトベースで架電情報の自動記録や、情報の共有・管理を進められます」(芦田氏)

次のページ
変化に強い営業オペレーション構築のステップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
SalesZine Day 2022 Summer連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡田 果子(オカダカコ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3818 2022/08/25 11:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2023年1月26日(木)10:00-16:00

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング