SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

インサイドセールスという仕事

インサイドセールスは"ビジネスを俯瞰できる唯一の存在" この道20年のベテランに聞く


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 クラウド型カスタマーサービスソフトウェアを提供するZendesk。2013年に日本法人を設立以来、国内でも導入企業は2000社を超える。成長を続ける同社の案件化を強力に進めるのがSales Development Representative(セールスデベロップメントリプレゼンタティブ)と呼ばれるインサイドセールスである。2001年からインサイドセールスとしてキャリアを築いてきたベテランでもある岩満卓也さんがこの仕事の面白さを語った。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

インサイドセールスとしての経験は20年弱

――まず、現職に就くまでのキャリアから教えていただけますか。

インサイドセールスとしてのキャリアの始まりは、2001年にできたばかりの日本アイビーエム・イーコミュニケーションズ(e-Comm)に入社したときからです。この会社は日本IBMが非対面営業を強化するために作った子会社で、私はその1期生でした。2011年7月に日本IBMに統合されたので、その会社はもうありませんが、IBMに転籍してからもインサイドセールスとしてキャリアを築いてきました。

当時を振り返ると、中堅中小企業向けのセールスは、非対面で売り切る「テレセールス」と、担当テリトリーの案件発掘とリレーション構築を行う「テレカバレージ」の二つがあり、私が所属していたのは後者です。私の担当していたテリトリーは東北6県や中部地区の製造業など、物理的に会いに行くことは難しいところが中心でした。担当テリトリーが首都圏の場合、フィールドセールスのように実際に会いに行ってクローズすることも可能ですが、私は10年以上にわたり本来のインサイドセールスらしい仕事をしてきたと思います

 
株式会社Zendesk 営業開発担当 岩満卓也さん

2012年からはインサイドセールスに加え、営業活動を円滑に進めるためのツールを使えるようにしたり、データを分析して案件の発掘をしたり、Webセミナーの企画などのマーケティングやセールス・イネーブルメントにも関わってきました。

――長く勤めてきた会社からZendeskに移るきっかけは何だったのでしょうか。

Zendeskに入社したのは2017年です。転職の決め手を振り返ると、藤本さん(現社長の藤本寛氏)と面接で意気投合したことが大きかったです。私が本格的に転職活動をしていた2016年は、インサイドセールスが認知された時期でもあり、転職エージェントからのアプローチが飛躍的に増えた年でした。外資系ITだけでなく、日本の大企業でもインサイドセールスの経験者を探しており、求人需要が増えていることを実感しました。

そんなときに紹介してもらった藤本さんは、私が話した中で初めてのインサイドセールス組織を立ち上げた経験がある人で、話が弾みました。その後、一緒に仕事をする予定のマーケティングとフィールドセールスの担当者と会い、Zendeskに移ることを決めたのです。

加えて、転職活動をしているときにエージェントにリクエストした条件は、マストバイの商材を扱う会社であることでした。お客様が欲しいと思っているけれど、その存在に気付いていない商材の必要性を広める役割に一役買いたいと思ったのです。その意味でZendeskが提供しているサービスは私の考える条件に合致していました。

内勤営業と同じではないインサイドセールス

――インサイドセールスだけでなく、マーケティングの経験を積んでからZendeskに移られたのですね。では、現在はZendeskのインサイドセールスとしてどんな仕事をされているのでしょうか。

現在の職種は案件発掘をミッションとするSDR(Sales Development Representative)です。リードナーチャリングから案件(オポチュニティ)を作ってフィールドセールスに渡すまでを担当します。

インサイドセールスをエントリークラスのポジションとして位置付けている会社が多いことは承知していますが、私自身は「ビジネスの始まりから終わりまでを俯瞰できる唯一の存在」だと考えています。その視点を持って活動しないと、電話かけやアポ取りだけで終わってしまう危険性があります。

インサイドセールスはマーケティングとフィールドセールスに関わるポジションですから、ただの内勤営業とは違います。組織としてインサイドセールスの活動を評価する指標を持っているかで得られる成果が変わってくるぐらいです。

次のページ
フィールドセールスとの連携は不可欠

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
インサイドセールスという仕事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

冨永裕子(トミナガユウコ)

IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタント...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/277 2019/03/15 16:50

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング