SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

向井さんに聞きたい営業のコト

フォーム営業でアポがとれないワケ


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 本連載は、日々顧客と向き合い、目標達成にもまい進する多忙な営業組織の皆さんが抱いている疑問を背景から紐解き、新たな「問い」を立てるきっかけづくりを目指していきます。解説は、営業をテーマにした「実務教育研究の学位取得」を国内で初めて予定しており、「営業の本質」を伝え続ける無料のセールストレーニング「#旬トレ」を150社、1,300名のセールスパーソンに提供しているWell Direction CEOの向井俊介さん。第11回は「フォーム営業やビジネスマッチングで良い案件に出会えない」と悩む方のお悩みに回答いただきました(※本連載では、読者の皆様の「聞きたいコト」を募集します! 詳細は記事最終ページをご覧ください)。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

●ソフトウェア開発業界の方から

 当社は3年前に設立したソフトウェアのオフショア開発企業です。紹介からの既存企業の仕事をもらっていたのですが、新規顧客を開拓したく、実践しています。 現在、フォーム営業ではなかなかアポがとれず、次の一手に困っています。また、ビジネスマッチングサイトを契約しましたが、あまり質の良い開発案件はなさそうです。 ざっくりした質問で恐縮ですが、向井さんでしたら次の一手をどのように考えますか?

まずは、「商売の話ができるまでのステップ」を考える

 フォーム営業やビジネスマッチングサイトなど、いきなり手段の話から始まってしまっているように思うので、まずはそこから一緒に見直していきましょう。

 私ならまずは、「ソフトウェアのオフショア開発のお客様とは誰か」を決めます。カスタマージャーニーマップと呼ばれるツールもありますが、お客様にとっての最初のゴールは、自社に開発を委託すること。そして本当のゴールは、そのソフトウェアによって、お客様の企業の何かが良くなることです。その視点で付き合いのないお客様が契約に至るまで、どのようなステップを経るか、これを売り手の立場抜きで考えてみましょう。

 次に必要なのが自社の価値の話。自社にしかできないことはなにか、これはマーケティングの第一歩として、明確に言語化する必要があります。

 それをもとにいわゆるBtoBマーケティングで行われているお客様に関心を持ってもらうためのウェビナーやホワイトペーパーの企画が実現できるはず。ただ、その際に留意してほしいのは、それで接点を持つことができた見込み客の人たちはあくまでそのウェビナーや資料に興味を持ってくれた人だということ。展示会も同様ですが、「その企業に興味がある」状態ではまだなく、はっきり言えば「企業やソリューションには興味がない」レベルの状態だと理解しておくと良いと思います。

 多くの人は、「興味がないなら興味を持ってもらえば良い」と考えると思うのですが、実はそれだと一足飛びになってるんです。どちらかと言うと、「コンテンツに興味を持っただけで、その企業には興味は持っていないのに連絡がきたな……」とややマイナスの感情からスタートしている状態で、「嫌いではない」に持っていくのが最初のステップです。

 少しずつ感情を変えてもらう行動がいわゆる「リードナーチャリング」にあたります。MAなどのツールを活用すれば、見込み客の反応がどう変化しているかデジタル上でスコアリングできるようになりました。安価なツールも多いので、まずはこのようなソリューションには投資すると良いと思います。

 ウェビナーに何回も参加してくれている、メールを必ず開封してくれているなど、好ましい振る舞いをしてくれている見込み客が特定できて初めて、アプローチを行うに至ります。たとえば「最近、よく見てくださっていると思うのですが、気になったトピックや、解消したい疑問ってありますか?」と問いかけると、嫌いではない状態になっていれば、「実は来年度に向けて上から○○な目標が落ちてきたので、ここが気になっていて……」と回答してくれるはず。「お役に立てるポイントがあるかもしれません」と初回ミーティングが設定できます。

「フォームやメルマガ経由で売り物に興味を持ってもらおう」と結論を急ぐから、見込み客が離れてしまうというのはぜひ覚えておいてほしくて。商売の話ができそうなタイミングで、適切なアクションをとりましょう。

次のページ
初回ミーティングで行う課題整理の具体例とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
向井さんに聞きたい営業のコト連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4707 2023/05/25 10:05

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング