SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス(PR)

“第3創業期”から3年 Salesforce×RaySheetでつくるカインズの強いオペレーション

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

Salesforceの発展的な活用を実現する3つのアプリ

――Salesforceの発展的な活用を目指す企業では、AppExchangeのアプリケーションにも注目が集まっています。カインズさまがAppExchangeのアプリケーションの中で愛用しているツールと、その活用シーンについて教えてください。

ひとつは帳票作成ツールの「SVFクラウド」で、見積もり、発注、帳票作成などの業務に活用しています。もともとカインズ自体が紙の帳票を多く扱っておりその削減を進めてはいますが、お取引先でもまだまだ電話やFAXといった従来のコミュニケーションが主流なので、帳票作成ツールは重宝していますね。

もうひとつは入力支援ツール「WalkMe」です。データベース更新型のアプリケーションであるSalesforceはデータ管理の整合性を取るのに適していますが、業務アプリケーションとしてはプロセスが弱く、いつどこに何を入力すればいいのかわかりづらいところが弱点でもあります。WalkMeはその弱点を補うように入力をナビゲーションしてくれたり、必須項目も自動で入力してくれたりするので、オンボーディングのツールとしても使える点が特徴です。

そして3つめが「RaySheet」です。Salesforceはレコード単位の単票入力が基本となるため、案件を並べてステータスだけ管理したり複数明細を入力したりといった使い方をしようとすると使いにくさがありますが、このRaySheetを使うとExcelのように表形式でデータを扱えるため、Excelに慣れているユーザーの業務移行もスムーズにできて役立っています。

 

――特に日々発生する見積もり作成業務の効率化に、RaySheetを活用されているとうかがっています。活用をスタートしたきっかけを教えてください。

以前、Salesforceで開発した見積もり画面を現場の方にレビューしてもらったとき、「これで見積もりをつくるのは厳しい」とフィードバックをもらったことがありました。リフォーム案件の場合は見積もり項目が多岐にわたり明細も複数行になるのですが、単票形式で明細行をつくっては保存する作業がたいへんだと指摘されたのです。解決するためには、表形式で一括入力できる画面が必要になります。追加の開発工数が増えると思い、池照さんに相談したところ、「AppExchangeの中にExcelライクにSalesforce上で動くツールがあったと思うよ」と教えてもらい、調べて辿りついたのがRaySheetでした。

(参照画像)RaySheetで見積もり明細を表示した例[画像をクリックで拡大]

Excelのインターフェースそのままで画面編集がしやすいという利点に加え、取引先のマスターメンテナンスなどにも重宝しています。スピード感を担保するために、開発に時間をかけない、つくり込みすぎない、なるべくSalesforceの標準機能でやろうという考え方が根底にありますが、その方針に合致するという意味でも助かっていますね。

次のページ
成約率向上、店舗ごとの成果のばらつき解消にも

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2939 2021/11/26 10:53

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング