SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

あの企業の「稼ぐ力」を経営指標からチェック!

家計簿アプリ利用者1,000万人突破! BtoB/ファイナンス領域も成長中のマネーフォワードの稼ぐ力

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 利用者が1,000万人を超える家計簿アプリや事業者向け会計ソフトなどを提供しているマネーフォワードの経営状況と戦略に迫ってみた!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

利益計上はいまだなし 売上高と従業員数は急上昇中 

 最初に経営状況を見ていこう。マネーフォワードの設立は2012年、株式上場は17年である。

 社歴が浅い会社の多くがそうであるように、同社の場合も利益を生み出すまでには至ってないのが現実だ。上場以来どころか、創業から利益を計上したことは一度もない。事実、会社スタートからの利益の蓄積を示す利益剰余金は、19億6,200万円の赤字(20年5月現在)である。

 新規事業の立ち上げなど事業拡大に積極的に取り組んでおり、それにともなう従業員の増加による人件費、広告宣伝費への投入といった先行投資負担が、利益を上回っているのが要因だ。研究開発費も計上するようになっている。

 表にあるように、会社の最終損益は赤字(当期純損失)が続いており、20年11月期も27~36億円の赤字予想である。

 新規投資に回すキャッシュが、本業の営業活動で獲得するキャッシュだけでは足りないこともあり、借入を実行したり、新規株式を発行することで資金調達。今年に入り海外公募増資も実施した。

 一方、売上高は急上昇である。子会社とのグループ決算に移行した17年11月期からは「28億円→45億円→71億円」での推移だ。20年11月期は110~114億円の予想である。単体ベースだった16年11月期からは7倍を超える伸びである。

 従業員の増加も著しい。20年5月現在の779人は、16年11月期の162人からは約5倍の増員である。

マネーフォワードの業績推移

 

次のページ
家計簿アプリ利用者は1,000万超も 売上高の6割はBtoBビジネス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
あの企業の「稼ぐ力」を経営指標からチェック!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジネスリサーチ・ジャパン(ビジネスリサーチ・ジャパン)

1995年設立。代表・鎌田正文。週刊誌や月刊誌、経済誌などを中心に、金融・流通・サービス・メーカーなどの各分野から経済全般まで、幅広く取材・執筆。著者に『図解! 業界地図 2018年版』(プレジデント社)、『図解 これから伸びる企業が面白いほどわかる本 2012年版』(新人物往来社)、『図解 人気外食店の利益の出し方』(講談社+α文庫)、『[図解]儲けの秘密がよくわかる本』(PHP研究所)、『[図解]気になるあの会社の給料がわかる本』(PHP研究所)『取締役の値段 6: 社会インフラ関連業界 [Kindle版] 』『図解!業界地図2017年版』など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/1854 2020/10/08 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング