SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

営業新時代に身につけておきたいメールスキル 顧客が読みたくなる書き出しとは?

 ほんの少し前まで「足で稼げ」もしくは「行動量=結果」だと言われてきた営業。お客様のところへ直接訪問して提案を行うことがセオリーだった。しかし、新型コロナウイルスの影響によって状況は一転。リアルな訪問活動から、リモート営業へと一気に移行している。コロナ禍が落ち着いたとしても、今後はリモートでの営業活動が増えていくだろう。ウェブ商談やチャットでのやりとり以上に、日々の顧客との関係構築や新規営業に使われるのはメールだ。ということはメールをうまく操れるかどうかで、今後生き残っていけるか、そうでないかが決まってくる。

営業新時代が到来 生き残るためにまずはメールスキルを磨こう

 営業職は時代の転換期に来ている。フィールドセールス中心の時代は終わりを告げ、一気にインサイドセールスやオンラインセールスがさまざまな組織に必要な時代になる。オンライン営業やテレワークは、一部の業界では今までもある程度は行われていた。それが今回の新型コロナウイルスをきっかけにほとんどの業界が取り入れざるを得なくなったのだ。営業職新時代の幕開けである。非IT企業でも、足で稼ぐ時代からリモート営業時代へ一気にシフトしていくだろう。

 「昔ながらのFace to Faceが良かった……」などと思ったとしても元の世界に戻ることはもうない。これからは新たなフィールドで戦っていくしかない。今までは「私はデジタルツールが苦手でして」と言えば、相手が合わせてくれたこともあった。

 しかし、今後その言い訳は通用しない。デジタルツールが苦手な方もうまく扱えるように努力しなくてはならない。今後は結果を出す人のタイプも変わっていく。昔ながらのアナログ営業スタイルの人は影をひそめ「ITリテラシーが高い人」が脚光を浴びる時代になる。

 リモート営業はZoomやTeamsでもやりとりができるが、コミュニケーションのメインとなるのはやはりメール。ということはまずはメールのスキルに磨きをかけるのが先決である。

 コロナ禍で売り込み訪問は減ったが、逆に売り込みメールは増えたものだ。あなたのところにもよく届くのではないだろか?私のメールアドレスには毎日のようにさまざまな「売り込みメール」が届く。たいていは次のような内容もの。

営業サポート・コンサルティング株式会社御中
担当者様

突然のメール大変失礼いたします。株式会社Aの鈴木一郎と申します。
 

イベント自粛が続くなか、新しい取り組みとして〇〇のご依頼ご依頼が急増しております。
御社の売上をアップさせることができるのですが、ご興味ございませんか?

弊社では、コロナ対策応援キャンペーンをしております。
よろしければ一度、ビデオ通話で30分ほど詳細のご説明をさせていただければ幸いでございます。
ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
→メールアドレス

 一見、何も問題が無いように見えるかもしれない。会社によって多少文章が異なるが、ほぼこのようなメールの内容だ。おそらくテンプレートがあるのだろう。

 たた、この手の文章を見た瞬間に「あぁ、売り込みメールかぁ」とわかってしまう。開封したとしても3秒で消してしまう。これではいくら送っても返信は期待できない。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5