SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

著者情報

  • 営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

    群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセラー、海外で翻訳多数。

    ■営業サポート・コンサルティングHP
    http://www.tuki1.net

    ■著者ブログ「住宅営業マン日記」
    http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1


執筆記事

  • 300.png
    2020/12/18

    顔が見えない電話商談でも成果を出す人の特徴は? ポイントは「シンクロ力」と「共感力」

     新型コロナウイルス感染拡大の影響により、飛び込み訪問や面談での営業活動が激減した。その代わりに増えたのが、メールやSNSでのアプローチだ。それでお客様との商談の機会が得られれば良いが、急なメールやSNSのアプローチには、反応がほぼないもの。あなたも苦戦しているのではないだろうか。そこでどうしてもテレアポをせざるを得ないケースも少なくない。電話は顔が見えない中でのコミュニケーションだ。今回は、電話で結果を出す方法について紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/11/10

    学生は営業にどんなイメージを持っている? 9割が希望する「リモート営業」3つのポイント

     いつの時代も「営業・セールスの仕事は辛い」という印象があるが、今の若者は営業職にどんなイメージを持っているのだろうか? 一方、ここ最近一気に営業のスタイルが変わり、あっという間にリモート営業が主流になっている。すでにお客様に実際に会うということ自体が珍しくなってきている営業スタッフも多い。これからは、オンラインの営業術を身につけた人が結果を出すということになるが、リモート営業ではリアルの営業と違うノウハウが必要になってくる。学生の営業へのイメージと、リモート営業の3つのポイントを紹介させて欲し...

  • 300.png
    2020/10/29

    リモート営業が主流になる時代へ 対面時よりも「表情」に気をつけてみよう

     リモートの営業がかなり増えてきた。あっという間にリアルの対面営業から、リモート営業が主流になるだろう。すでにお客様に実際に会うこと自体が珍しくなってきている営業スタッフも多い。ただリモート営業には、リアルの営業と違うノウハウが必要であり、別のトレーニングも必要になってくる。その違いについて紹介させて欲しい。

  • 300.png
    2020/09/29

    チーム営業時代のリーダー力 部下は何に悩んでいる? 世代間ギャップはどう解消する?

     いま、結果を出している会社には共通点がある。それは”チーム力がある”ということ。営業スタッフが孤立して争っているのではなく、チームが一丸となることで結果を出している。足の引っ張り合いをするより、協力し合ったほうが良い。ただ、そのためにはチームを率いるマネジメント力が必要になってくる。結果を出しているリーダーとはどんな人なのだろうか? その人物像についてご紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/08/25

    コロナ禍に営業が取り組むべきスキルアップとその活かし方

     新型コロナウイルスの影響が長期化している。終わりが見えない状況に経営者をはじめ、多くの営業スタッフたちも焦り始めている。だからと言って大切なお客様に「困っているので買ってください!」と迫っても良い結果にはつながらない。下手をすれば、これまで時間をかけて築き上げた信頼関係を台無しにしてしまいかねない。こんな時期、営業スタッフはどう行動すればいいのか? 私がベストと考える方法について紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/07/09

    凡人営業が番狂わせを起こす唯一の方法 役立つ情報を届け続ける「営業レター」の威力

     新型コロナウイルスの影響で働き方が一気に変わった。自宅で仕事をしたり、テレワークをしたりする人も増えている。営業活動も例外ではない。リアルから、ZoomやTeamsなどを活用したオンライン営業一気に移行した。こういったツールを使いこなすスキルも必要だ。しかし、もっとかんたんで効果のあるアプローチ方法がある。その方法についてご紹介させてほしい。

  • 300.png
    2020/06/26

    営業新時代に身につけておきたいメールスキル 顧客が読みたくなる書き出しとは?

     ほんの少し前まで「足で稼げ」もしくは「行動量=結果」だと言われてきた営業。お客様のところへ直接訪問して提案を行うことがセオリーだった。しかし、新型コロナウイルスの影響によって状況は一転。リアルな訪問活動から、リモート営業へと一気に移行している。コロナ禍が落ち着いたとしても、今後はリモートでの営業活動が増えていくだろう。ウェブ商談やチャットでのやりとり以上に、日々の顧客との関係構築や新規営業に使われるのはメールだ。ということはメールをうまく操れるかどうかで、今後生き残っていけるか、そうでないかが...

20件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5