SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

著者情報

  • 株式会社クマベイス ディレクター 野口優帆(ノグチユウホ)

    インサイドセールスコンサルタント、株式会社クマベイスディレクター。熊本市出身、東京都在住。新卒でITソリューション企業にフィールドセールス(外勤営業)職で入社。退社後、クラウドサービス開発提供企業にてインサイドセールス営業を経験。クマベイス入社後は、インサイドセールスの研究に取り組むとともに、クライアントワークを担当している。現在「インサイドセールスの鬼」を名乗り、クマベイスメールマガジンで連載中。


執筆記事

  • 300ct.png
    2021/09/15

    「購買者の現在地」を意識していますか? 営業活動を後押しするコンテンツ企画の考え方

     これまでの記事では公開コンテンツの効果や制作のポイントについて解説してきました。公開コンテンツは、目的意識を持って企画することで、営業活動を後押ししてくれる「武器」となり得ます。とはいえ、ただ思いつくままにコンテンツを量産すればよいわけではありません。今回は、企業の購買担当者に届き、響く、効果的なコンテンツ制作のポイントをご紹介いたします。※本連載では会社紹介やサービス概要説明資料、他社商材との比較をまとめた資料を「営業資料」、購買担当者に有益な情報をまとめてオンライン上などに公開する記事形式...

  • 300ct.png
    2021/08/02

    コロナ禍の営業活動に役立つ「公開コンテンツ」 内製する際の6つの注意点と外注のポイント

     本連載ではこれまで、制作しておくと便利な「公開コンテンツ」のメリットなどについて解説してきました。今回は公開コンテンツの制作方法や、制作する際の注意点について解説します。※本連載では会社紹介やサービス概要説明資料、他社商材との比較をまとめた資料を「営業資料」、購入担当者に有益な情報をまとめてオンライン上などに公開する記事形式の情報のことを「公開コンテンツ」と呼んでいます。  

  • 300ct.png
    2021/06/08

    インサイドセールスも活用できる「公開コンテンツ」 制作するメリットと実例に学ぶ

     前回は営業活動において利用する営業資料と「公開コンテンツ」の違いなどについて解説しました。今回は公開コンテンツを利用するメリットと活用事例を見ていきます。※この連載では会社紹介やサービス概要説明資料、他社商材との比較をまとめた資料を「営業資料」、購入担当者に有益な情報をまとめてオンライン上などに公開する記事形式の情報のことを「公開コンテンツ」と呼んでいます。

  • 300ct.png
    2021/05/21

    営業活動の武器になる「公開コンテンツ」を活用しよう!

     新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、多くの企業がオンライン営業に移行しています。しかしながら、口頭の説明のみでは相手にきちんと情報が伝わっているか判断しづらいもの。また、伝えるべき情報を電話やメールのみで伝えるのは、時間がかかり非効率で、抜け漏れが出てくる可能性もあります。営業の負担を減らし、スムーズな営業活動を展開するために欠かせないのが資料の活用です。

  • 300.png
    2021/01/20

    インサイドセールスは、アクション前の「顧客調査」で信頼を獲得せよ!

     世界各国で引き続き新型コロナウィルス感染の被害が拡大しており、今後またしばらく以前のような経済活動を行うことは難しいことが予想されます。日本も感染者の数は増え続けており、Withコロナの生活様式を守っていく必要があるでしょう。このような不況の中、企業は生き残っていくために、相手に配慮しつつも営業活動の手を止めるわけにはいきません。今回はインサイドセールスの本場アメリカのインサイドセールス責任者ふたりのアドバイスをもとに、信頼されるインサイドセールス担当者になる方法を学びましょう。

  • 300.png
    2020/11/19

    インサイドセールスはRPGだ! 顧客を主人公と捉え、共同でストーリーを進めてみよう

     新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、日本でも多くの企業がインサイドセールスを営業手法として取り入れるようになりました。日本でのさらなるインサイドセールスの発展のため、今回はインサイドセールス発祥の地であるアメリカのインサイドセールス責任者のアドバイスをふたつご紹介しましょう。キーワードは「ストーリーテリング」と「RPG(ロールプレイングゲーム)」。インサイドセールスの本質的な役割について学んでいきます。

  • mail300.png
    2020/10/01

    コロナ禍で注目集めるメール営業の注意点 避けるべき3つのタイミングとは?

     新型コロナウイルス感染症の影響により、訪問による営業が自粛ムードとなってから半年以上が経ちました。現在では多くの企業がメールや電話を駆使した「withコロナ」の営業手法で、工夫しながらの営業活動を展開していることと思います。メールを活用したインサイドセールスに取り組まれている企業も多いことでしょう。今回はメール営業について、その注意点を解説してきます。

12件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5