SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

BtoBセールスに知ってほしい! カスタマーサクセス最前線

ユーザーコミュニティ発書籍を刊行!製品選定理由の1位を目指すコミュニティ「Re:Change」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「カスタマーサクセス」への関心がいま、高まっている。キーワードを使わずとも社内であたりまえのように考え方を重視している企業や、経営ごととして社を挙げて取り組む企業も出てきた。本連載ではBtoC・BtoB問わず、自社ならではの方法でカスタマーサクセスに取り組む仕組みを持つ、最先端企業に訪問!カスタマーサクセスへの学びを深めることは、あらゆるビジネスにおける顧客体験の向上だけではなく、企業側の業績向上にも貢献していくはずだ。インタビュアーを務めるのは、SalesZine主催の「BtoBセールスのためのカスタマーサクセス実践講座」の講師・HiCustomer 高橋歩さん。第2回は社を挙げてコミュニティ活動に注力する弁護士ドットコム・クラウドサイン事業をたずねた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

コミュニティを事業の重要戦略に位置づける

高橋(HiCustomer) 本日はカスタマーサクセスの中でも「コミュニティ」をテーマに、運営のTipsにとどまらない根本的な考え方についてもお聞きしたいです。まずは橘さんと降井さんのカスタマーサクセスへの関わり方を教えてください。

橘(弁護士ドットコム) 取締役かつクラウドサイン事業の責任者を務めています。ユーザーにひとつでも多くの契約をクラウドサインで実施してもらい、共に社会を変えていかねばならないという使命感を持っています。

降井(弁護士ドットコム) マーケティング組織の立場から、導入直後のお客様へのオンボーディングセミナーや、ユーザー会、コミュニティに携わっています。

高橋 コミュニティへ注力するきっかけとなった出来事はありますか。

橘 2020年10月に山梨県にある「はんこの里」を訪れ、歴史について学びました。150年ほど前に生まれたはんこは当時「便利だけれど、偽造がしやすい危ないツール」と思われていたそうです。それから当時の役人や法律家たちが、汗をかいて全国的な業務フロー改革を行った結果、国民的なツールになったわけです。

弁護士ドットコム株式会社 取締役 クラウドサイン事業部長 橘大地さん

 これは、少し前までの電子契約の状況と非常に似ています。電子契約も「便利そうだけど、セキュリティレベルが不安」という声が数年前まではありました。2020年以降の法改正の流れを受け、まさにいま少しずつ変化しています。ここからさらに、国民的なツールへと進化させ、社会を変えるためには、ユーザーの皆さまの力が必要不可欠だと考え、2021年度は私の直下でコミュニティのプロジェクトを立ち上げました。

高橋 単なるツール活用ではなく、一緒に社会を変えていく──そのためにはユーザーとの取り組みをより深める必要があったのですね。

橘 社としても2021年度の事業戦略において、「市場戦略」「製品戦略」と同列の3つめの柱として「コミュニティ」を位置づけました。カスタマーサクセス施策のひとつ、ではなく全社的な取り組み、という意識が浸透しています。

 戦略として位置づけるにあたり急成長SaaSの代表格であるSalesforceのユーザーコミュニティにも注目しました。Salesforceが提供する認定資格制度やユーザー同士が仲間となって学ぶことができる仕組みこそが同社の成長の源泉であると私は考えたのです。コミュニティ活動はSaaS企業の成長において、大きいファクターになると理解しています。

次のページ
ユーザー同士の結びつきも深い、共に戦う仲間「Re:Change」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
BtoBセールスに知ってほしい! カスタマーサクセス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3573 2022/07/06 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング