SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

ツール導入で何がどう変わる? 中小・スタートアップ企業の営業改革

第1回:CRMを導入し、顧客管理を行おう(前編)


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 営業部のマネジメント層であれば、CRMについて、ある程度は理解している、導入を検討したことがある、という方も多いだろう。聞いたことがあるけれど、導入していないという方々は、CRMに対してコスト面や運用の煩雑さにネガティブなイメージをお持ちかもしれない。本連載では、最新のCRMの実情とCRMがMAツールやSFAと連携することで可能になる効率的で生産性の高い営業スタイルについて紹介していきたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

CRMとは、顧客データを管理し、顧客との関係を構築していく概念

 CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)とは、顧客や見込み客の情報を適切に管理し、その情報を利用して、企業との関係を構築していくという概念であり、経営手法だ。CRMツールとは、CRMの概念をITシステム上で実現するためのもので、顧客に関するさまざまなデータの一元管理をはじめとして、購買管理、営業プロセス管理、ユーザーサポート、コミュニケーションなど、顧客関係構築・維持などの一連の機能がある。

 紙ベースの顧客台帳のようなアナログな記録形式を使ったデータ管理もCRMの実現方法のひとつであるが、膨大なデータの管理、検索、編集、アクセスの容易性、効率性を考えると、ITシステムのほうに断然アドバンテージがある。

 手法としてExcelで作成したり、自社で独自にシステムを開発したりする場合もあるが、データ量が膨大になるほど、専用のCRMツールやソリューションを導入したがほうが、コスト効率、生産性が上がる傾向がある。専用ツールは、顧客/見込み客情報の蓄積・管理だけでなく、購入意欲の把握、購入履歴管理、サポート履歴管理、キャンペーン管理など顧客に関するあらゆる情報を一元的に管理でき、アクセス権を持つ複数人での利用に対応しているからだ。また、企業と顧客との個別のやり取りだけでなく、製品・サービスに関するSNS上での発信(=顧客の生の声)を収集するなど、時代のニーズに合わせた拡張性が高い傾向にある。

CRMは静的なデータ MA・SFAは動的なデータ

 一方で、MA(Marketing Automation、マーケティングオートメーション)ツールやSFA(Sales Force Automation、営業支援システム)の製品の中に、CRMの機能が組み込まれていることもある。本連載では、これらのツールとCRMを区別するために、データの性質について注目したい。

 CRMが扱うのは、顧客や見込み客の氏名、会社名、連絡先など、基本的にはあまり変化が生じない、いわゆる静的なデータである。一方、MAツールはウェブサイトの訪問、メールの開封、SNSのリンクのクリックなど、逐次変化する顧客の動的な情報を扱う。SFAも同様で営業活動のプロセスやコミュニケーションなどの、更新性のある動的なデータを扱っている。

 これらが連携することで、たとえばウェブサイトを訪問している人や、現在商談をすすめている相手がどういう属性の人なのかということをデータで把握できる。

次のページ
CRMは動的なデータと組み合わせるとさらに強力に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
ツール導入で何がどう変わる? 中小・スタートアップ企業の営業改革連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社24-7 取締役COO 草皆直人(クサカイナオト)

デジタルエージェンシーの株式会社インフォバーン、ISPのニフティ株式会社にて、デザイナー・ディレクターとして制作業務やオウンドメディアの立ち上げを経験。 2011年株式会社コムニコに入社し、SNS運用支援ツールのサービス開発に携わる。2015年にグループ会社の株式会社24-7に転籍し、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/192 2019/01/16 13:36

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング