SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

著者情報

  • 株式会社24-7 取締役COO 草皆直人(クサカイナオト)

    デジタルエージェンシーの株式会社インフォバーン、ISPのニフティ株式会社にて、デザイナー・ディレクターとして制作業務やオウンドメディアの立ち上げを経験。 2011年株式会社コムニコに入社し、SNS運用支援ツールのサービス開発に携わる。2015年にグループ会社の株式会社24-7に転籍し、2018年に取締役COOに就任。「HubSpot」などのマーケティングオートメーションツールを使った企業のマーケティング戦略立案・運用を支援している。


執筆記事

  • 300.png
    2019/07/22

    営業担当者のレベルを引き上げよう セールス・イネーブルメントを実現するためのデータ収集・分析・改善

     前回はセールス・イネーブルメントの考えかたとデータ蓄積の重要性について説明した。今回は、セールス・イネーブルメントを実現するために、どんなデータを収集・分析し、改善につなげていくことができるのか。本記事では、CRM、SFA、MAを使ってマーケティング部門・営業部門のデータを収集し、営業活動の改善に活用する方法を紹介する。

  • 300.png
    2019/06/05

    注目の「セールス・イネーブルメント」 実現に必要なのは、CRM・SFA・MAの活用とデータ保存

     CRM、SFA、MAなどのツールの発展により、営業活動の進捗はデータとして記録されやすくなった。営業施策をトータルで設計し、より生産性の高い組織に変えるためにもこれらツールの導入は欠かせないだろう。ここでは、昨今注目されている「セールス・イネーブルメント」の概念と、実現に必要な第一歩として、ツール活用の重要性と注意点を解説する。

  • 300.png
    2019/04/17

    第4回:マーケティングのリードの品質を向上させる鍵は、営業のデータ共有にあり

     前回は、営業部門がマーケティング部門と連携し、リード獲得の量・質を上げるために、営業部門が知っておくべきマーケティング施策の流れを5つのステップ(集客・獲得・選別・接触・営業)にわけて紹介した。今回は、さらに踏み込んでリードの品質を高めるために、営業部門がやるべきことについて解説していく。

  • 300.png
    2019/03/18

    第3回:強い営業は、マーケティング視点を持っている

     今回は少し視点を変えて、マーケティング部門と営業部門の連携という観点からお話ししたい。マーケティング部門では、リードを獲得するために様々な施策を行っているが、営業部門が積極的に関わることで、より顧客化しやすいリード獲得ができるようになる。マーケティング部門がない、マーケティングも営業も一緒という場合のヒントも最後に簡単に紹介したい

  • 300.png
    2019/02/19

    第2回:CRMを導入し、顧客管理を行おう!(後編)

     前回は営業の生産性を高め、効率化させる手法として、CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)の可能性について紹介した。今回は、実際に営業に役立つCRM機能について具体的に説明する。なお今回取り上げるのは、無料で利用できるツールなので、コスト面で導入を躊躇していた方は、記事を読み終わったらぜひ試してみてはいかがだろうか。

  • 300.png
    2019/01/16

    第1回:CRMを導入し、顧客管理を行おう(前編)

     営業部のマネジメント層であれば、CRMについて、ある程度は理解している、導入を検討したことがある、という方も多いだろう。聞いたことがあるけれど、導入していないという方々は、CRMに対してコスト面や運用の煩雑さにネガティブなイメージをお持ちかもしれない。本連載では、最新のCRMの実情とCRMがMAツールやSFAと連携することで可能になる効率的で生産性の高い営業スタイルについて紹介していきたい。

6件中1~6件を表示
戻る


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5