SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

TIS、音声で会議を記録する「Record Meeting」正式版の提供を開始

2019/07/25 12:00

 TISは、音声・対話AIサービス「COET(コエット)」のメニューで会議を自動記録する「Record Meeting(レコード・ミーティング)」に、新機能を追加した正式版の提供を開始する。

 「Record Meeting」は、社内外の会議でスマートスピーカーを置くだけで参加者ごとのテキストと音声をリアルタイムに記録し、その場でスマートフォンやPCで閲覧・編集・保存できるクラウドサービス。

 

 2019年5月よりトライアル提供を開始したβ版では、帝人など幅広い企業の60社以上のオフィス・現場での会議に利用され、多くのフィードバックを得たという。このフィードバックを参考に、日本語での会議もしくは英語での会議の発言をリアルタイムに翻訳できる「言語選択機能」を正式版から追加。

 今後は、記録された発言のピン留めなどができる「発言ログのプロット機能」「発言ログの検索機能」「会議アシスタント機能」などの新機能を随時追加していく予定。

 また「Record Meeting」はサービスの主要なシステム基盤として、AWSを採用。AWSのサーバーレスコンピューティングを活用したクラウドネイティブアーキテクチャで構築しており、スマートスピーカーを含め、柔軟なスケーリング、高可用性、高耐障害性と十分なセキュリティを実現している。

「Record Meeting」β版の利用企業からの声

●帝人株式会社 業務変革推進室

 「グローバルでのテレビ会議や、遠隔での会議が広まり、会議の実施形態も多様化しています。『Record Meeting』はスマートスピーカーとビュアー、ネットワーク環境があれば、議事録作成を開始できるといった手軽さと、リアルタイムでの話者毎のテキスト化と翻訳結果の表示がわかりやすい点が業務改善に役立つと考えました。今後も多言語の同時翻訳機能やテレビ会議等、遠隔地での音声のテキスト化・翻訳での利用を想定した複数台での運用等、『Record Meeting』の機能が充実することを期待しています」

●AJS株式会社 営業本部 営業企画推進室

 「会議の多様化が進み、会議で飛び交う言語は英語、中国語と様々です。『Record Meeting』のリアルタイムでの発言記録、翻訳機能は有用で、会議の参加者の認識共有がスムーズになります。会議を活性化するツールとしても活用できると感じています」

「Record Meeting」の特徴

1.簡単セットアップ

 スマートスピーカーをWifi設定するだけで利用開始できる。ユーザー登録や専用ソフトウェアのインストールなどは不要。

2.会議の発話情報をリアルタイムでテキストと音声に反映

 会議中の発話者・発言毎の音声がリアルタイムにテキスト化され、同時に編集が可能。さらに聞きたい発言の音声をピンポイントで聞き直し、再生ができる。

3.会議記録の有効活用

 会議の記録(音声・テキスト)をPCやスマホのブラウザ上で編集・翻訳・削除・保存ができる。また、ブラウザはランダムQRコードで会議の参加者のみが共有可能なため、セキュアに情報が取り扱える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5