SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2022 Winter

「3年で3倍」を目指しCCCマーケティングが挑んだ“イネーブルメント×営業改革”

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 2022年1月25日と26日の2日間にわたって開催された「SalesZine Day 2022 Winter」。本稿では、「3年で3倍」という高い目標を掲げ、営業改革に挑んだCCCマーケティング・島田正明さんが登壇した基調講演「昨対比125%成長を実現! ツール導入から始めない営業改革דイネーブルメント” 実践に学ぶ」の前半の様子をお届けする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

潤沢なアセットを武器に「3年で3倍」を目指す

宮田(SalesZine編集部) SalesZine Day 2022 Winter では、「Sustainable Sales Strategy」をテーマに、そのために必要な育成の仕組み・オペレーションに関するセッションを用意しています。本講演では、持続的な成長を実現する組織をつくるセールス・イネーブルメントの実践について、CCCマーケティング・島田さんにお話をうかがっていきます。

島田(CCCマーケティング) 我々はSales Tech企業ではなく、完全に実践者です。YouTuber風ではないですが、「組織改革してみた」という感じで(笑)。SFAやセールス・イネーブルメントの導入、さらなる活用を検討している皆さんに「なるほど、こういうステップがあるのか」と、思っていただけるようユーザー視点でお話できればと思います。

(左)編集部・宮田
(右)CCCマーケティング株式会社 マーケティングソリューションDiv ゼネラルマネージャー 島田正明さん

 私は人材業界の飛び込み営業からキャリアをスタートし、2001年からはネットリサーチの企業で主に営業として13年ほど活動してきました。海外調査の事業部長などを経て、起業も挟んで2014年にCCCに入社、現在はCCCマーケティングでマーケティングソリューションという部署を統括しています。

宮田 ユーザーならではの視点が楽しみです。早速ですが、今回イネーブルメントを中心とした営業改革の取り組みを「営業レボリューション」と呼んでいらっしゃるのですよね。本取り組みをスタートしたきっかけからうかがえますか。

島田 「レボリューション」……プライベートでも使わない言葉ですよね(笑)。まず、CCCマーケティングの強みは、お使いの方もいらっしゃるかもしれないですが、TポイントやTカードです。名寄せされた状態で7,000万人以上の方が年に1回以上利用するアクティブな会員データです。皆さんがTカードやモバイルTカードを提示してお買い物するとポイントが溜まり、その購買履歴が個人を特定しないかたちで、すべてデータベースに蓄積されています。

 購買行動から趣味・嗜好を読み解き、プロモーションメールやDM、最近ではDSPやLINEへの広告出稿などを支援しています。潤沢なデータを使って、1人ひとりに合うレコメンドを実現する、マス広告と逆を行く、これが得意な会社です。これだけ聞くと、手前味噌ですが、「なかなか良いソリューションを持っているな」と思われるかもしれません。しかし、期待していたよりも売れていなかった。そこで、これだけのアセットを持つCCCマーケティングであれば、3年で3倍の成果を出せるでしょう。「やろうぜ!」という“ノリ”で(笑)、3年で3倍というゴールを設定しました。

 一方で少し体制を変えて教育を充実させるくらいでは、実現できない高い目標です。やるべきことは山積みで、「革命」レベルですから大きな変革に挑むことが社内に伝わるように「営業レボリューション」と名づけました。外部の皆さんの前で披露することになるとは思っていませんでした(笑)。

次のページ
ポテンシャルある人材が育っていない課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine Day 2022 Winter連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3227 2022/02/24 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング