SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

カスタマーサクセスという仕事

カスタマーサクセス思考の営業を育てたい! 4回めのCS組織立ち上げに挑むリンク・大関さんのキャリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「売って終わり」ではなくなった時代、「カスタマーサクセス」は営業組織が理解しておくべき仕事のひとつだろう。インタビュー連載「カスタマーサクセスという仕事」。今回お話をうかがったのは、カスタマーサクセス支援ツールのCustomerCoreを提供するリンクに所属する大関麻衣さん。日本企業で4回めのカスタマーサクセス組織立ち上げに携わった大関さんには、カスタマーサポートとして営業と「解約防止」に挑んだ原体験があった。10年間の経験をもとに、大関さんが考えたカスタマーサクセスの課題や目指すべき理念に迫る。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

営業と共に「解約防止」を考えた原体験

――リンクに入社される前に3社でカスタマーサクセスに携わってきたとうかがっています。カスタマーサクセス職に出会ったきっかけを教えてください。

10年間で「需要予測」「RPA」「MA」の分野で国産ツールを提供する3社を経験し、優秀なメンバーに囲まれながらカスタマーサクセスの立ち上げや運用に携わってきました。カスタマーサクセスというキーワードが盛り上がってきたのはこの5年くらいの印象で、1社めの需要予測ツールに携わっていた10年前は、SaaSというキーワードさえ一般的ではありませんでした。

1社めは問い合わせ対応などを行うカスタマーサポート職として採用されたのですが、待てど暮らせど、ユーザーからの電話は来ないし、やっときたと思えば「解約の申し出」という地獄の連絡で……。解約手続きの対応をしていたところ、「なんで解約を阻止しないんだ!」という叱責があり、それが私のミッションだったのですねとようやく気がつきまして(笑)。ひとまず解約理由をうかがってみるも、当時の私はお客様の課題を引き出す能力もなく、向いていないな……と感じる日々でした。

 
株式会社リンク マーケティング部 CustomerCoreチーム 営業チーム マネージャー

そんなとき私のミッションに協力してくれたのが、年齢も近かった若い優秀な営業メンバーたちでした。思い出すと涙が出そうですが、「解約を阻止するために、契約段階で営業は何をして、サポートの大関は何をすれば良いかな」と一緒に考えてくれてたんです。いまのカスタマーサクセスでは当たり前のことですが、定期的に連絡をとり、契約更新より早いタイミングでこちらから情報提供ができるよう、Excelファイルでお客様の状況や接点を営業と整理していきました。

――実際にどのような成果が出たのでしょうか。

最初こそ「寝た子を起こさない(=契約更新前に連絡しない)ほうが良いのでは」という声も出たのですが、営業と私の間で「それって本質的ではないよね」と合意し、契約更新前のお客様に声を掛けていきました。正直、最初はかなり解約が発生したものの、利用目的を明確にしたうえで、いまで言うオンボーディング――導入支援を一定期間行えば解約が発生しづらくなるという仮説を立てて取り組みをスタートしました。実際、取り組み以降に解約するお客様は圧倒的に減り、導入後のお客様と接点を持ちやすくなったことで追加提案もしやすくなる良いサイクルができ、我々の会社全体の雰囲気も良くなっていきました。

――その後2、3社めへとチャレンジの場を移した理由も教えてください。

営業と協力し合った原体験からも、カスタマーサクセスはひとりで実現できることではないと考えました。当時はまだ情報も少なかったですし、私と同じように困っているカスタマーサクセスがいたら背中を押したいと思ったことがひとつ。また、カスタマーサクセスを突き詰めて考えるとさまざまな疑問が浮かんできたんですね。商談の段階から改善できることがあるのか、それより前のマーケティングの活動から入り込んでいく必要があるかもしれないなど――。見聞を広げるために違うサービスを経験しようと、5~6年前に2社めに転職しました。そこはすでにカスタマーサクセスがある会社で、Googleで「カスタマーサクセス」と検索すると上位3つくらいは関連記事が出てくる時代になっていました。

次のページ
カスタマーサクセスがぶつかる3つの壁

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
カスタマーサクセスという仕事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2886 2021/10/26 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング