SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine & Beyond 2021(PR)

働く意味について考え抜いたことはありますか? 営業がキャリアアップできる企業の仕組みと哲学に迫る!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

変化を楽しむ人が活躍!  仕事の快感ポイントは?

獅々堀 次のテーマは、「いま一緒に働きたいのはどんな人?」。どのような経験をしてきた人を求めていらっしゃるのか、村尾さんからうかがえますでしょうか。

村尾 マーケティングもセールスも絶賛採用中でして、興味がある方はぜひ応募していただきたいです。私も40歳を過ぎたのですが、これまで以上に激しい環境や事業変化の中で日々業務に取り組んでいます。そのため、一緒に働きたいのは「変化を楽しめる人」ですね。生き延びるためにもきちんと進化をして、やるからには楽しむことが重要ですし、そのためには学習し続けられる「素直さ」も必要です。そういう方と働く機会を得ると、自分自身も刺激を受けるなと痛感しています。

獅々堀 シャノンさんでは、まさに「変化を楽しめる方」が現場で活躍されていますか。

村尾 状況に応じてやるべきことが日々変化していますから、楽しんでいる人のほうが成果を出しやすい状況にあります。

 
株式会社シャノン マーケティング部 部長 村尾慶尚さん

獅々堀 ありがとうございます。徳井さんはいかがでしょうか。

徳井 「向上心があり、前向きな人」です。そのマインドをお持ちであれば、スキルやキャリアがきちんとついてくると思います。もちろんSATORIに来て下されば、一緒にキャリアをつくっていくこともできます。

 加えて、あくまで個人的な意見ですが、私は「何か大きな苦労や困難を経験し、それを自分の力で解決してきた人」と働きたいです。たとえば、セールスは商材によってはトップセールスになることが容易なケースもあります。もちろんそれも素晴らしいことですが、「売れなくて苦労したが、自力で売れるように工夫した」「マーケティングなどの新たな取り組みを通して会社を動かした」という経験を持つ人は強いですし、そういう「苦労人」と一緒に仕事をしたいですね。

獅々堀 徳井さんのセッションを拝聴しまして、まさに徳井さんご自身も「苦労人」だったのかなと感じました。徳井さんが面接で必ず聞くポイントはありますか。

徳井 営業企画やセールス部門の面接に参加する際は、「お仕事の快感ポイント」を必ず聞いています。「目標のKPIが達成される瞬間」「お客様に喜んでいただける瞬間」など、快感ポイントは人によってさまざまだと思いますが、そこから仕事の適正や人柄をうかがうこともできる質問だと思っています。

成果に貪欲か? 働くことについて考え抜けるか?

獅々堀 良い質問ですね。では、西尾さんからも「一緒に働きたい人」をうかがえますか。

西尾 皆さまと同様の部分も多いですが、素直であればあるほど、新しいことを学び、吸収してくれますから、そういう人が良いなと思います。そのうえで、「成果に貪欲な人」でしょうか。学んだあとに、どう成果を出すかは自分の頭で考えていく必要がありますし、そこを求めることは本人のモチベーションにもつながると考えています。

 経験という点では、大企業に入り、その後ベンチャーへ転職した人が良いなと考えています。大企業でしっかりと教育を受け、大企業の仕事について学び、そのうえでベンチャーの変化についていくスピード感を身につけた人は、当社に合うと思います。

 
ユームテクノロジージャパン株式会社 ラーニングコンサルタント 西尾夏樹さん

獅々堀 後者は非常に具体的ですね。西尾さんが面接で大事にしているポイントはありますか。

西尾 マーケティングからカスタマーサクセスまですべての面接を担当するのですが、「再現性」があるか、つまり経験を語る際に、「なぜ、それができたのか」を言語化できる人かという点は重視していますね。

獅々堀 ありがとうございます。それでは、安田さんはいかがでしょうか。

安田 とくにないんですけどね(笑)。皆さまの話を踏まえてお話すると、「自己理解の努力をしている人」でしょうか。何のために働くのか考え抜いたことがない人は仕事に限らず、生き方としても弱いんですよね。考え抜いた人は困難に直面したときや、チームワークに強い傾向がありますし、個人的には「自分の人生を大事にしている人」と一緒に働きたいです。

 セールスフォース・ドットコムでは、カルチャーにある「平等」や「信頼」が示すとおり、ビジネスの根幹は「人」だということが徹底されています。当社には社会貢献のプログラムもありますし、そういう感覚を身につけて働く人も多いです。働くことや人生について考え抜いている方が、カルチャーフィットしやすいのではないかと思います。

次のページ
「可能性を売る営業」は相手の心に焦点を当てよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
SalesZine & Beyond 2021連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2781 2021/11/30 11:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング