SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine & Beyond 2021(PR)

働く意味について考え抜いたことはありますか? 営業がキャリアアップできる企業の仕組みと哲学に迫る!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「可能性を売る営業」は相手の心に焦点を当てよ

獅々堀 ありがとうございます。いま視聴者の方から「非IT業界からの転職者はオンボーディングに苦労するのか」という質問をいただきました。セールスフォース・ドットコムさんでは、非IT業界の方が転職して活躍している印象がありますが、安田さんいかがでしょうか。

安田 多少、苦戦する傾向はあるかもしれないですが、想像されるほどではないと思います。というのも、Salesforceという製品を提供するにあたって必要な知識はITに関するもの以外も多いからです。たとえば、「お客様の社内にはどんな業務があるのか」「お客様はどのような情報を普段扱うのか」という知識のほうが重要です。そして、営業部門であればインサイドセールスなどからステップアップしていくことになります。私が担当しているセールス・イネーブルメントチームが、ステップをうまく踏めるようにこれまでの歴史の積み重ねを基に支援していきますから、そこまで難しくはないと思いますよ。

獅々堀 セールスフォース・ドットコムで活躍される方の共通の特性はありますか。

 
株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 Sales Enablement & Academy 営業人材開発部 本部長 安田大佑さん

安田 自分がしゃべったり、表現したりすることを相手がどう受けとり、感じるか――相手の心の状態を想像できる人は活躍しますね。今日一緒に登壇した皆さんの扱っている商材は、製品のスペックだけで何かの成果を保証するものではないですよね。つまり、使い方によってお客様が得られる成果は変わりますから、営業は可能性を売っていることになりますし、可能性を感じてもらう必要があります。だからこそ、相手の心に焦点が当たっておらず、「製品機能を説明しなくては」で止まっている人の声はまず届かない。お客様はそんな人に賭けられないからです。急がば回れで、無意識レベルで相手の心を動かすことについて考えている人ほど成果を挙げていると思います。

挑戦はかっこいい! 自分のキャリアと向き合う機会を

獅々堀 最後に、新しいキャリアにチャレンジしたいと考えるセールスの皆さんにひと言メッセージをいただけますでしょうか。

村尾 当社のお客様でもジョブチェンジしてマーケティング職になり、成果を挙げてきた方をたくさん見てきました。チャレンジする先がまったく新しい領域であっても、それまでのキャリアで得られたスキルや考え方は必ず活きるということを日々感じています。ぜひ皆さんにもより世の中を良くするために、これまでのキャリアを活かしてチャレンジしていいただきたいです。

徳井 人生は一度ですし、やりたいことが見つかったら、全力で挑戦したほうが良いと思います。私自身、セールスからマーケター、そして営業企画へとキャリアチェンジをしてきましたが、挑戦して良かったと感じています。SATORIでは「入社した人の24ヵ月のキャリアを一緒につくる」というポリシーを持っており、会社と個人が共にキャリアを実現するための方法を考えいくんです。個人のキャリアを尊重し、寄り添ってくれる会社を見つけることが非常に重要だと考えます。新しい一歩を踏み出したいと思っている方はぜひ、SATORIでの挑戦をお待ちしております。

西尾 「挑戦すること=かっこいい」ことですから、ぜひまずは自己肯定感を高めてほしいですね。成功する人というのは、行動している人ですよね。悩んでいる時間があれば、行動したほうがきっと早いですし、失敗してもそれを糧に次へ進んでいく考え方で、どんな場所でも良いですから、挑戦をし続けてほしいなと思っています。

安田 皆さんと同じで、ぜひ前向きにチャレンジしてほしいと思います。加えて、年齢を重ねて、40歳を過ぎるくらいのときには、「ひとつの場所で何かをやり抜いた」経験がひとつはなくてはなりません。

 当社に転職する方は必ず、「どの部門で何をして、自分のどのスキルを磨きたいか」と尋ねます。それくらい具体的な感覚で、会社選びをするべきだと思います。そして、年齢を重ねると会社が世の中に与える影響力やその懐の深さなどからうかがえる「社格」のようなものも大事になってくるはずです。スキルアップの観点に加えて、社会にどう貢献するかというバランスも考えながら、キャリアを考えることが大切だと最近は特に考えるようになりました。

獅々堀 チャレンジに向かう皆さんに熱いメッセージをありがとうございました!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
SalesZine & Beyond 2021連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2781 2021/11/30 11:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング