SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

インサイドセールスの通話内容を自動入力するAI電話「pickupon」がSlackと連携

2019/11/01 12:50

 pickuponが提供する通話内容自動入力AI搭載クラウド電話「pickupon(ピクポン)」は、「Salesforce」「Senses」に続き、「Slack」との連携を開始。これにより、pickuponで通話しヒアリングした顧客課題をSlackへ自動入力しチーム共有することが可能となる。

 pickuponは、インサイドセールスに向けて開発されたAI搭載クラウド電話。pickuponで通話すると通話内容の重要箇所を、AIが自動でピックアップしチーム内に自動シェアをする。それによってインサイドセールスの入力コストを大幅に削減し、正確な一次情報の共有を支援し、電話による営業活動の生産性の向上を目指すもの。

 今回のSlackとpickuponの連携によって「電話しただけで顧客の課題をテキスト化しチーム内でなめらかに共有する体験」を実現。

 

 pickupon株式会社 代表取締役 小幡 洋一氏は以下のようにコメント。

 「近年、インサイドセールスを取り入れた効率的な営業スタイルが日本でも普及してきました。結果、顧客とのコンタクトポイントは増え、ユーザーから重要な「課題」を引き出せるチャンスも多くなっています。しかし、多くの場合その情報は共有されずにフローしてしまっています。今回のこの連携により、pickuponで顧客と通話するだけで、Slack上にいる全チームメンバーに(マーケ担当や、開発、経営層から採用担当まで!)顧客の声(比喩ではなく声そのものを!)を自動で、届けることができるようになります」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5