SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

ソニー銀行、デジタル変革促進にDomoを採用 横断的なデータ統合と利活用を目指す

2019/10/24 14:00

 ドーモは提供する「Domo」をソニー銀行が導入したと発表。

 金融業界ではデータの管理が重要視される反面、利活用には課題が残っているという。ソニー銀行においても各所管部におけるデータ管理の徹底により、会社を横断したデータの利活用やタイムリーな議論の実現、業務効率化などに課題があった。

 ソニー銀行ではDomoを導入・活用することでワンプラットフォーム上でのデータ統合を図り、タイムリーな情報を現場担当者からマネジメント層までが共有するなど、建設的なデータの利活用ができる環境を構築していく。あわせてデータ一元化の推進に伴うデータガバナンスのさらなる強化や、レポートの自動化などによる業務効率化の実現も目指す。

 さらにDomoに連携するさまざまなデータから顧客のニーズを読みとることで、顧客1人ひとりのニーズに合った金融商品・サービスの開発につなげ、ビジネスチャンスの拡大を図ることで金融業界での競争力を高めていくとのこと。

 ソニー銀行の執行役員 マーケティングサイエンス部・コンテンツ企画部担当 ルゾンカ典子氏は以下のようにコメントした。

 「厳格なデータ管理が求められる銀行業界では、行内全体のデータの流れを可視化し、安全に整備する事が求められています。Domoは銀行業のデータセキュリティ要件を満たしつつ、データ活用が出来る可能性があると考え、導入を決めました。また、1,000以上のコネクターも備えているので、データへの広い汎用性も期待できます。今後は、より多様なデータを連携させ、ソニー銀行全体でDomoを活用していく予定です」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5