SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

Salesforce、製造業の営業部門と業務部門つなぐManufacturing Cloud提供開始

2019/09/17 15:10

 セールスフォース・ドットコムは、業界向けの新製品「Manufacturing Cloud」を発表。製造業における営業部門と業務部門の連携を促し、市場の状況や需要の統合されたデータや顧客とのやりとりの可視化などによって予測精度を高め、より安定した販売予測を立てられるようになるもの。

 すでにカワサキ・モータース・コーポレーションU.S.A.のエンジン部門、日立化成、CFインダストリーズ、Mipox、GELITAなどの製造大手の顧客が製品パイロットプログラムを通じて協力しているという。また下記のように、Einstein Analytics・Community Cloud・MuleSoft Anypoint Platformも対応する。

 Einstein Analytics for Manufacturingにより、アカウントマネージャーはアカウントの正常性、需要インサイト、製品の普及率、販売計画の進捗に関してすぐに確認可能なKPIを使用したインテリジェントな体験を利用できる。主要なデータソースを一元化して分析することにより、アカウントマネージャーは解約リスクのもっとも高いクライアントに対して積極的に働きかけることができる。さらに、アカウントの主要な傾向を特定することで、顧客に対してアップセルやクロスセルの機会を提案することで、積極的に顧客との関係を強化できる。

 Community Cloud for Manufacturingは、販売計画をチャネルパートナーに拡張する製造業者向けに新しい構築済みのテンプレートを提供する。すぐに使用できるテンプレートにより、製造業者は販売計画、リード、および商談についてチャネルパートナーと容易にコラボレーションできる。

 MuleSoft Anypoint Platformは、データがオンプレミスまたはクラウド内にあるかどうかに関係なく、アプリケーション、データソース、またはデバイスからデータを解放する。組織がManufacturing Cloudをほかのシステムに接続できるようにすることで、販売および運用のリーダーは、注文から現金までのプロセス全体を自動化し、包括的な予測ビューを作成し、すべての販売チャネルにわたってビジネスプロセスを自動化できる。

本ニュースに関するコメント

Salesforce Manufacturing GM兼SVPシンディ・ボルト氏

 「製造業では、顧客と市場の需要の変化が収益に壊滅的な影響を与える可能性があるため、現場で何が起こっているのかを理解できることが成功に不可欠です。 Manufacturing Cloud は、営業と業務チームのギャップを埋め、より予測的で透明性の高いビジネスを確保することで、顧客とより深く信頼できる関係を構築できます」

IDC Manufacturing Insights リサーチ・ディレクター Reid Paquin氏

 「S&OP(営業部門と業務部門)が解決しようとした、そして解決しようとし続けている問題の核心は、ビジネス機能の間での調整が欠如していることです。製造業者はサイロで動作する傾向があり、結果として最適なKPI達成(コストまたはサービスレベルの)に至らず、収益と利益の目標を達成するビジネス能力を強調します。デジタル変革では、オンデマンドおよび消費に関するほぼリアルタイムの情報を活用して、360度ビューで計画を決定する必要があります」

Acumen Solution 製造部門担当マネージング・ディレクター Andy Schoka氏

 「当社のお客様は、販売予測をS&OPのコア需要および生産計画機能と合致させることを明確に望んでいます。Manufacturing Cloudがこれら課題に取り組む製造業者を大きく後押しすることが待ちきれません」

 Manufacturing Cloud、Einstein Analytics for Manufacturing、Community Cloud for Manufacturingは、2019年10月から提供を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5