SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

約7割が「ウェビナー疲れ」を実感 開催頻度の高まりが主要因/ファストマーケティング調査

2020/09/25 08:00

 ファストマーケティングは、2020年に入ってからウェビナーに参加したことがある、と回答した20代~50代の会社員351名を対象とした「ウェビナー視聴に関する実態調査」の結果を発表した。

7人に1人がウェビナー参加経験あり

事前のスクリーニング調査より

 2,404名の会社員を対象に2020年以降のウェビナー参加状況に関するアンケートを事前に実施した。参加経験があると回答したのが14.6%と、およそ全体の7人に1人が参加経験ありという結果に。パソコンやスマートフォンさえあれば、場所を選ばず視聴が可能なウェビナー。コロナ禍以降、メールの案内やプレスリリースなどを頻繁に見かけるようになり、情報収集の手段として定着しつつある。

ウェビナーに参加するのは「業務に役立つ情報を知りたい」から

複数回答可能

 ウェビナーに参加する目的としては「業務に役立つテクニックや技術を学ぶ」が37.9%ともっとも多く挙がった。次いで「業界や世の中のトレンドを知る」が35.9%、「製品やサービスの情報収集」が35.0%。ウェビナーへの参加を通じて、仕事に生かせるようなノウハウや知識を得たい、というニーズの高さが明らかに。また、割合としては低いものの、「気分転換や空き時間の有効活用」といった理由で参加するという声も見受けられた。

ウェビナー参加経験者の約6割が月に1~2回ウェビナーに参加

 

 1ヶ月あたりの平均的なウェビナー参加頻度を問う設問では、「1~2回」が63.2%ともっとも多かった。また「3~4回」が25.1%、「5~6回」が7.7%、「7回以上」が4.0%と、合計すると36.8%が少なくとも月に3回以上ウェビナーに参加しているという結果に。ウェビナーは参加に場所を選ばず、気軽に視聴することが可能なため、従来のセミナーよりも参加頻度が高まっていることが予想される。現在はセミナーだけでなく、展示会などもオンライン化が進んでおり、今後もこの傾向は継続することが想定される。

直近3ヶ月でウェビナー開催に関する情報が増えたと感じている人は74.0%

 

 メール配信やプレスリリースなどでのウェビナー開催情報を見る機会の増加を問う設問では、「感じる」が38.5%、「やや感じる」が35.6%と、頻度の高まりを実感する人は全体の約7割に上った。

約7割が「ウェビナー疲れ」を感じている

 

 ウェビナー開催に関する情報が多すぎて、「選ぶのに疲れてしまった」「面倒に感じてしまった」経験を問う設問では、「よくある」が23.9%、「ときどきある」が46.4%と、いわゆる「ウェビナー疲れ」の経験者は70.4%。回答者の約7割がウェビナー情報の発信増加を実感している、という先の結果とあわせると、ユーザーにとって現在は「ウェビナーの情報過多」状態にあることが考えられる。

そのほかの調査結果

  • 半数近くがウェビナーのドタキャン経験あり
  • 約半数が内容がつまらなくて半分も視聴せず退場した経験あり
  • 今年参加したウェビナーで役に立ったと思うのは3割未満
  • 約3割がウェビナーをきっかけとして商談へ発展
  • ウェビナー経由でサービス導入に至るケースは約3割

調査概要

  • 調査対象:事前調査で2020年に入ってからウェビナーに参加したことがあると回答した20代~50代の会社員351名
  • 調査期間:2020年9月14日~9月15日
  • 調査手法:インターネット調査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5