SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「KARTE」と対話エンジン「BEDORE 」連携 即時取得情報から適したチャットをプッシュ型で提案

2020/06/29 06:00

 プレイドは、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、株式会社BEDOREが提供する対話エンジン「BEDORE Conversation」と連携を開始した。BEDORE Conversationは、深層学習技術を用い、日本語の言語解析に特化した高精度なチャットエンジン。企業のカスタマーサポートや購入促進に活用されている。

 同連携により、KARTEでリアルタイムに取得した顧客の行動、会員情報、マイページへのログイン有無、FAQの閲覧経験などさまざまな情報から、BEDORE Conversationが顧客に合わせたシナリオをプッシュ型で話しかけることで、よりきめ細かい自動応答をすることが可能に。これにより、カスタマーサポートでは架電削減や顧客体験向上、接客・セールス対応においてはコンバージョン向上などの効果が見込めるという。

 初回の取り組みとして、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する「So-net」の会員サポートページにて、同連携ソリューションの導入を決定。問い合わせページを閲覧している架電する可能性が高い顧客を検知し、チャットやFAQへ誘導する取り組みはすでに開始しており、今後は、入会プランやマイページへのログイン有無など、サポートページに来訪する顧客のより詳細な情報を紐付け、顧客の文脈に合った自動応答をプッシュ型で話しかけるといった、より利便性の高い機能の導入も予定しているとのこと。

対話型自動応答チャットのイメージ
対話型自動応答チャットのイメージ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5