SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

NTT-ATとAI inside、企業のDX推進に向け連携を強化 サンプルシナリオの無償提供開始

2020/02/17 15:05

 NTTアドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)と、AI inside(以下、AI inside)は、NTT-ATが開発・提供するRPAツール「WinActor」とAI insideが開発・提供するAI-OCRサービス「DX Suite」との組み合わせによる企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向け、連携を強化。WinActorを活用したDX Suiteへの帳票データのアップロードやDX Suiteからの読取結果取得の自動化を可能とするサンプルシナリオの無償提供を開始した。

 実業務への適用・応用にあたっては、サンプルシナリオをベースにしながら修正・追加などを行なってもらうことで、シナリオ作成の負担を軽減し、シナリオ生産性の大幅な向上を実現する。

 今回提供するサンプルシナリオでは、PCにある帳票データ(PDFファイル)をWinActorによりDX Suiteにアップロードし、AI-OCRで読み取り後、その実行結果のCSVファイルをダウンロードする一連の基本的な動作を行うもの。下記の2種類を提供する。

(1)ブラウザ利用サンプルシナリオ

 WinActorがブラウザを介してDX SuiteのWebページに自動ログインし、DX Suiteが用意している「ドキュメント読み込み」や「CSVダウンロード」機能を呼び出し、処理する。

(2)Web API利用サンプルシナリオ

 WinActorがDX Suite 提供のWeb APIを直接呼び出して処理。ブラウザを介さないので、(1)と比較してより高速な処理が可能となる。

WinActorを活用したDX Suite業務自動化イメージ
WinActorを活用したDX Suite業務自動化イメージ
各サンプルシナリオの処理内容
各サンプルシナリオの処理内容

 各サンプルシナリオの使いかた、動作確認環境や制約事項などについては、WinActor公式ホームページのサンプルシナリオ掲載ページに記載されている。なお、利用にあたってはWinActor、DX Suite双方のライセンス利用が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5