SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Hour レポート

辞めるしか選択肢はなかった──独立とパラレルキャリア、自分らしいスタイルを確立した女性営業に迫る!


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「持続的な女性営業のキャリアについて考えよう」──、そんな言葉をよく見かけるようになりました。実際、長年活躍するBtoBセールスの中に女性の姿が少なかったのもまた事実。「女性営業のロールモデルが少なくて……」そんな悩みをぶつけられたことがあるマネージャーも、いままさにその悩みを抱いている現場の営業パーソンもいるのではないでしょうか。 SalesZine Hour Vol.3では、営業が好きでたまらない! そして、営業を続けながらもライフステージの変化と合わせて「パラレルキャリア」や「独立」という選択肢を選んだ城野えんさん、佐々木千穂さんが登壇。視聴者からの質問への回答を交えながら、おふたりが考える営業の魅力から、営業を続けるために必要な考え方や環境の整え方をいろんな角度からうかがいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「バリバリ続ける」or「辞める」しか選択肢がなかった

宮田(SalesZine編集部) 編集長の宮田です。営業組織×テクノロジー活用をテーマに運営しているSalesZineですが、SalesZine Hourは夕方の時間に気軽に参加いただき、目の前の目標達成のみならず、もう少し長いスパンでご自身のキャリアなどを考えるヒントを得ていただければと運営しています。

 第3回は営業を続けるためのスキルやマインドをテーマに素敵なセールス2名をお招きしました。性別や年齢は関係ないテーマではありますが、「女性営業のロールモデルがいない」というお悩みを登壇者のおふたりもよく耳にするとのことだったので、その部分もテーマに、現場はもちろんマネージャーの方にも参考になるお話をうかがっていければと思います。前半はよくある質問に回答、後半はリアルタイムで募った質問と事前に参加者の方に送っていただいた質問に回答していきます。まずは自己紹介をお願いします。

城野えん もともとグローバルITベンダーで法人営業を担当していました。国内で4年法人営業を担当して、シンガポールに駐在し、現地企業の開拓を2年ほど担当。その後は米国や日本の企業との協業の立ち上げを行ってきました。現在は独立し、企業向けに研修やコンサルティングを行っています。プライベートでは子どもがふたりいて、昨年は『成果に直結する「仮説提案営業」実践講座』(日本実業出版社)という書籍も出版させていただきました。

株式会社JOENパートナーズ代表取締役/営業コンサルタント 城野えんさん

佐々木千穂 私は営業を軸にフリーランスとして「パラレルキャリア」を実現しています。これまでは国内企業と外資大手でエンタープライズ営業を経験し、RELATIONSという企業で新規事業の立ち上げ、パートナービジネスの立ち上げとアクティブ化を行いました。その経験をもとにパートナーサクセス、RELATIONS、セールスギルドの3社を中心に活動しています。結婚と出産を経て、2021年に仕事に復帰したため、パラレルキャリアを始めたのは実は2022年から。2歳児を抱えながら仕事と家庭を両立するべく日々奮闘しています。

パートナーサクセス株式会社 エバンジェリスト 兼 コミュニティマネージャー 佐々木千穂さん

宮田 ありがとうございます。さっそくひとつめの質問です。さまざまな事情で営業を続けることが難しくなってしまう方も少なくありません。おふたりも「独立」「パラレルキャリア」とキャリアを転換されていますが、営業としてどのような壁にぶつかられましたか。

城野 2018年に会社員をやめたのですが、当時の話をさせてください。当時は製品販路を拡大していくミッションを持って半分営業・半分事業開発として働いていました。出張も多く、いわゆる「ガンガン営業するスタイル」ですね。妊娠しても、「バリバリやるぞ」と辞めるつもりはなかったのですが、想像を絶するような体調の変化に見舞われて。

 当時はテレワークも浸透していなかったですし、「バリバリ続ける」or「辞める」しか選択肢がなく……。7年間バリバリ続けていた営業を、一旦おやすみせざるを得なくなってしまいました。

佐々木 私も20代のときは、営業を続ける選択肢が想像ができませんでした。というのも、IT業界の中で営業として育児を経てバリバリ働いている人の総数がとても少なかったですし、そもそもIT営業の女性は非常に少なかったんですね。

宮田 なるほど。おふたりとも、IT営業として身近に真似できるキャリアの人はあまり存在しなかったのでしょうか。

佐々木 そうですね。以前城野さんとも「ロールモデル迷子になりやすいよね」と話していました。皆、自分に完璧にフィットする人を探すのですが、結局そんな人はいません。自分のなりたい像を叶えるために、キャリアの良いとこどりをするべきなのに、意外と視野が狭くなって、自分の可能性を狭めてしまうこともあったと思います。

次のページ
営業を続ける、4つの選択肢とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine Hour レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4739 2023/05/25 10:05

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング