SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Hour レポート

営業の可能性を拡げるQ&A 「女性営業の特別扱いはいらない」「自分のモチベーションの源泉を探る」


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「持続的な女性営業のキャリアについて考えよう」──、そんな言葉をよく見かけるようになりました。実際、長年活躍するBtoBセールスの中に女性の姿が少なかったのもまた事実。「女性営業のロールモデルが少なくて……」そんな悩みをぶつけられたことがあるマネージャーも、いままさにその悩みを抱いている現場の営業パーソンもいるのではないでしょうか。 SalesZine Hour Vol.3では、営業が好きでたまらない! そして、営業を続けながらもライフステージの変化と合わせて「パラレルキャリア」や「独立」という選択肢を選んだ城野えんさん、佐々木千穂さんが登壇。視聴者からの質問への回答を交えながら、おふたりが考える営業の魅力から、営業を続けるために必要な考え方や環境の整え方をいろんな角度からうかがいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「女性営業だから」の特別扱いは必要ない

前編「辞めるしか選択肢はなかった──独立とパラレルキャリア、自分らしいスタイルを確立した女性営業に迫る!」も公開中。後編の本編からでもお楽しみいただけます。

宮田(SalesZine編集部) 開催前に「女性営業のマネジメントの勉強のために聞きます」というコメントも寄せられました。おふたりは現場の営業も経験されています。当時、マネージャーにどう振る舞ってほしかったか、そんな考えについてうかがっても良いですか。

佐々木 女性営業だからといって特別扱いする必要はないと思っています。女性も男性も営業であることに変わりないですし、メンバーの立場だったら「女性だから」と過剰にケアをされると違和感を感じると思います。

パートナーサクセス株式会社 エバンジェリスト 兼 コミュニティマネージャー 佐々木千穂さん

宮田 ライフステージの変化という観点もあるかもしれませんが、それも男女で大きく変える必要はないですよね。

佐々木 まさに、いまは男性も育児や家事を担うことがあたりまえになっていると思います。もちろん、出産を行うのは女性ですし、実際問題女性のほうが負担が大きい部分もまだまだありますが、だからといって過剰なケアは必要ない気がしています。

城野 まったく同じ考えです。現場時代の上司が男性営業と私を平等に扱ってくれたのですが、そのほうがうれしかったですね。そのうえで、女性営業をしっかりケアしたいと考える志しは素晴らしいとは思っています。

株式会社JOENパートナーズ代表取締役/営業コンサルタント 城野えんさん

佐々木 そうですね。その意味でメンバーにとって重要なことは何かと考えるのも良いかもしれません。私はインフラエンジニアとしてキャリアをスタートしたのですが、最初の上司に「とにかく自分の市場価値を上げろ」と配属1日めにアドバイスをもらって。それがとてもありがたかったんです。

宮田 キャリアをしっかり考えてくれるスタンスはうれしいですね。一方で、女性営業の方から「女性営業だからこそ辛かったことはありましたか」という質問も届いています。いかがでしょうか。

佐々木 1、2社めは歴史がある日本の大手企業で、女性営業も少なかったです。そこでネットワークの工事案件に携わった際に、印象的な出来事がありました。工事現場の統括を行うのは年配の男性である場合が多く、案件をお願いする中で「女のくせに」と言われたこと何度かあったんです。

 ただ、こちらのマインドセットとしては女性だろうがなんだろうが成果を上げている人が仕事人として正しいと思っていたので(笑)。対等にコミュニケーションをとり続けて、最後は仲良くなりました。

宮田 良くない言葉ではありますが、こちら側も営業として成果を上げるだけだという佐々木さんのスタンスが清々しくて、かっこいいです。

城野 心ない言葉をかけられることはなかったのですが、むしろ女性で良かったことはありましたね。周りが男性営業ばかりで、皆もちろん頑張っていたのですが、その中でさらにがむしゃらに頑張っている若い女子だったので(笑)、「キミ、若い女子なのにすごいね」と組織内でも、お客様や販売店様からも覚えてもらいやすかったんですよね。

 ただ「若い女子だから」覚えてもらったとは思っておらず、成果をしっかり追求していた姿勢が印象に残るようです。独立後に遭遇した昔のお客様が当時の仕事ぶりを覚えてくれていて、「あのときあんなに成果を上げていた城野さんにぜひお願いしたい」と仕事の依頼をいただくこともたくさんあって。「若さや女性であることをアピールする」のではなく、女性が少ない環境だからこそチャンスだと思って成果を上げていくと、のちのキャリアで良いことがあるなとは振り返りながら今、思いましたね。

宮田 その環境の中で、うまく自分を奮い立たせる方法もあるということですね。

次のページ
Q:部下のモチベーションをどう高めるべきですか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine Hour レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4740 2023/05/25 10:04

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング