SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

顧客と可能性を拡げる BtoBセールスの仕事(PR)

新たな市場開拓とキャリアの成長 Salesforceのエンタープライズセールスで挑めるチャレンジとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)の中で、化学業界のクライアントを担当する「エンタープライズ製造営業第一本部 第五営業部」。製造業界の大手企業に対する新規開拓をメインに行う同営業部では、顧客企業との信頼関係を築き、経営課題にも伴走するような「共創型」の営業活動が確立されている。エンタープライズセールスのやりがいや楽しさ、チームのビジョンや働き方について、部長を務める大内詩子さんと、2021年に入社し、大手化学メーカーを担当するシニアアカウントエグゼクティブの木村いづみさんにうかがった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

さらなるスキルアップを目指し、営業を科学するSalesforceへ

──エンタープライズセールス組織拡大の軌跡について、大内さんが掌握している範囲とミッションを踏まえて教えてください。

大内 私が入社した2016年は、まだまだ組織的には大きくなく、「製造業」「金融業」など大きな単位でエンタープライズセールスの本部が構成されていましたが、ご利用いただくお客様が毎年増加し、よりお客様に合わせた提案・カスタマーサクセスを実現するために、サブインダストリーまでもカバーする営業組織へと変化しました。私たちの組織も2021年度に、化学業界専門チームとして設立されました。メンバーのキャリアは実に多彩です。外資出身が多いイメージが強いと思うのですが、国内企業のメンバーも多く、営業以外のエンジニアやサポート経験者もいます。

エンタープライズ製造営業第一本部 第五営業部の皆さん

──大内さんの、現在に至るまでのキャリアについてうかがえますか。

大内 私は大手通信企業からキャリアをスタートさせました。収益の柱が回線通話料のビジネスモデルから、新しい多様な領域へとシフトするビジネス転換期で、入社式での社長からの祝辞は、「安定した企業に入社しいつまでもこの会社で働くと思って働くのではなく、いつかは会社を離れても活躍できるように自分自身のキャリアを磨いて欲しい」というものでした。そして、実際に新規事業のチームに配置され、エンジニア職を3~4年ほど経験しました。案件はなかなか獲得できず、獲得後も保守まですべてを担当する必要があり、たいへんな仕事でしたが日々新鮮でしたね。その経験もあり、キャリアプランをきっちり立てるのではなく、楽しい仕事、活躍したいと思える方向で柔軟にキャリアを選択してきました。前職の外資系ソフトウェアベンダーで営業を経験し、今に至ります。

株式会社セールスフォース・ジャパン エンタープライズ製造営業第一本部 第五営業部 部長 大内詩子さん

──エンジニアからキャリアをスタートされ、現在はSalesforceで営業部長を務められています。Salesforceを活躍の場として選んだ理由についてお聞かせください。

大内 Salesforceに入社したのは、産休・育休明から復帰し1年後のタイミングでした。産休前より営業職に就いており、お客様をいちばん理解して直接価値訴求ができる営業の面白さを知り、この仕事を極めていきたいと考えていました。そこで、「セールスを科学する会社」であるSalesforceに興味を持ち、営業のノウハウ・スキルが詰まったこの会社なら、自分のスキルやキャリアをさらに伸ばすことができると考えました。

キャリアコミュニティに登録しませんか?

登録フォーム」にご登録いただくと、ニュースやイベントのお知らせをお届けします。

* リクルーターより連絡させていただく場合がございますので、予めご了承下さい。

次のページ
営業の本質に迫る、顧客の経営に関わる提案が醍醐味

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
顧客と可能性を拡げる BtoBセールスの仕事連載記事一覧
この記事の著者

伊藤真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3850 2022/09/01 14:36

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング