SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

『DX』で人と組織は元気になる! 前向きな一歩を踏み出せるデータ活用入門

「頑張れ」だけの精神論を断ち切ろう!部下のモチベーションを高める「人にやさしくなれる」データ入門

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「DXに成功した企業だけが生き残り、乗り遅れた企業は淘汰される」ーーこのような「DXによる二極化」を予測する声も聞かれるほど、昨今は「データ活用」がビジネス現場を生き抜くキーワードとして語られています。一方で、企業活動の主体はあくまでも「人」。データが「人」のためにどこまで役に立つことができるのかを考えるべきである、とデータ統合分析ソフトウェアを提供するダイナトレックの取締役である佐伯卓也氏・慎也氏は語ります。同社が金融機関や官公庁を支援してきた観点から「明日の前向きなアクションにつながる」データ活用について、全3回にわたってお送りします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

なぜ人はデータにとっつきづらさを感じるのか

 みなさんは「データ」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか? 次のようなイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。

  • 「ビッグデータを AIで回せば、答えが導き出される」
  • 「高度なツールで処理し、分析には専門的な知識が必要」
  • 「データ分析のスキルがないと、これから生き残れない」

 導き出された数字に基づいて優劣がつけられる「排他的」なイメージもあれば、活用することで不可能を可能に転換する「全能的」なイメージもあるでしょう。さらには、データを充分に活用できるのは専門家だけ、という「とっつきにくさ」を感じている人も多いのではないでしょうか。

 実際に、データ活用にはリスク分析や統計解析などの専門的な領域が存在するため、排他的なイメージがつきまとうのはある意味仕方ないのかもしれません。しかし、だからといって食わず嫌いをして遠ざけてしまうのは非常にもったいないです。

 どんなにテクノロジーが革新を遂げても、ビジネスを動かしているのは人間です。1人ひとりが日々の業務を地道に積み重ねていくことで、社会の未来は形づくられます。本連載では「人間が人間らしく、各自が持つ力を発揮して1人ひとりが活躍できる場をつくる」観点から、現代の「データ」の役割を紐解きます。

 

データ活用は決して「選ばれし者の仕事」ではない

 私たちはデータ統合分析ツール「DYNATREK(ダイナトレック)」を通じて、主に地方の金融機関や官公庁のデータ活用を支援してきました。「データを活用してどのように組織を活性化していくか」を命題に掲げ、「”やれる気”をつくる」ことに注力しています。

「データ活用の重要性は理解しているものの、従来のビジネススタイルから脱却できずに危機感を募らせている」

「さまざまなデータを集めてみたものの、業務で役立てることができなかった」

 このようなビジネスパーソンに知ってほしいのは、データ活用は「限られた人にだけ開かれた特別な仕事」ではないということです。私たちは、データが「人が次の一歩を踏み出すための後押しになる」役割を果たすべきだと考えています。

次のページ
道筋が不明瞭なゴールは「精神論」を生んでしまう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
『DX』で人と組織は元気になる! 前向きな一歩を踏み出せるデータ活用入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ダイナトレック 取締役 佐伯卓也・佐伯慎也(サエキタクヤ・サエキシンヤ)

佐伯卓也2003年慶應義塾大学総合政策学部卒。国内独立系最大手の戦略PRファームにおいて、グローバルITベンダー・消費財メーカーの広報戦略立案に従事したほか、映像機器メーカーやコンテンツメーカーの参画する業界団体のローンチに携わる。2009年に株式会社ダイナトレックに入社。入社時よりデータ統合分析ツ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3073 2021/12/27 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング