SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

意外とキチンとできていない!名刺交換の心得をトップ営業に学ぼう

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 人の印象は出会って15秒で決まるとも言われている。ということは名刺交換をした時点で「この人と話をする価値がある」もしくは「この人はダメだな」と判断されるということだ。結果を出している人は出会いの瞬間の重要性を熟知しており、名刺交換時にすでにアドバンテージをとっているものだ。トップ営業マンが工夫している名刺交換について紹介させていただきたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

意外とできていない!残念な名刺交換の例

 私はさまざまな場所で名刺交換をさせていただく。交流会や研修、パーティー、勉強会、……などなど。営業スタッフはもちろん、社長や新入社員までさまざまな方と名刺交換をする。

 大企業は別として、多くの会社は名刺交換のやり方について重視していない。よくて先輩や上司に教えてもらうといった程度。ほとんどの営業マンは見様見真似でなんとなくやってきている、といった感じだ。この名刺交換でとてつもなく損をしている人が少なくない。

 たとえば交流会などで「名刺交換よろしいですか」と話しかけてくる人がいる。承諾を得ること自体はいいのだが、名刺を出しながら「こういったものです」とだけ言ってくる。名刺を見てひと目で「あぁ、保険屋さんね」とわかる場合もある。この場合はまだいい。

 

 しかし、名刺を見ても「何をやっているのか、さっぱり分からない……」というケースも少なくない。こちらとしては「えぇっと、いったい何をしている会社ですか?」とは聞きにくい。だから、どうしても当たり障りのない話をして「では、何かありましたら」とすぐに別れてしまうことになる。そして、二度と関わることもない。これは非常にもったいない名刺交換である。

 また「斉藤です」と名前だけ名乗る人も多い。「こういったものです」よりはマシだが、これも印象に残らない。10人にひとりくらいの割合で「斉藤翔太と申します」とフルネームで名乗る人がいる。こうした人には「きちんとした人」と印象を受けるものの、やはりどう話を展開させていいのか迷うのだ。

 ではトップ営業スタッフはインパクトを与えるために、どんな工夫をして名刺交換をしているのだろうか?

次のページ
トップ営業マンの名刺交換の心得は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/1280 2020/04/08 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング