SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

意外とキチンとできていない!名刺交換の心得をトップ営業に学ぼう

 人の印象は出会って15秒で決まるとも言われている。ということは名刺交換をした時点で「この人と話をする価値がある」もしくは「この人はダメだな」と判断されるということだ。結果を出している人は出会いの瞬間の重要性を熟知しており、名刺交換時にすでにアドバンテージをとっているものだ。トップ営業マンが工夫している名刺交換について紹介させていただきたい。

意外とできていない!残念な名刺交換の例

 私はさまざまな場所で名刺交換をさせていただく。交流会や研修、パーティー、勉強会、……などなど。営業スタッフはもちろん、社長や新入社員までさまざまな方と名刺交換をする。

 大企業は別として、多くの会社は名刺交換のやり方について重視していない。よくて先輩や上司に教えてもらうといった程度。ほとんどの営業マンは見様見真似でなんとなくやってきている、といった感じだ。この名刺交換でとてつもなく損をしている人が少なくない。

 たとえば交流会などで「名刺交換よろしいですか」と話しかけてくる人がいる。承諾を得ること自体はいいのだが、名刺を出しながら「こういったものです」とだけ言ってくる。名刺を見てひと目で「あぁ、保険屋さんね」とわかる場合もある。この場合はまだいい。

 

 しかし、名刺を見ても「何をやっているのか、さっぱり分からない……」というケースも少なくない。こちらとしては「えぇっと、いったい何をしている会社ですか?」とは聞きにくい。だから、どうしても当たり障りのない話をして「では、何かありましたら」とすぐに別れてしまうことになる。そして、二度と関わることもない。これは非常にもったいない名刺交換である。

 また「斉藤です」と名前だけ名乗る人も多い。「こういったものです」よりはマシだが、これも印象に残らない。10人にひとりくらいの割合で「斉藤翔太と申します」とフルネームで名乗る人がいる。こうした人には「きちんとした人」と印象を受けるものの、やはりどう話を展開させていいのか迷うのだ。

 ではトップ営業スタッフはインパクトを与えるために、どんな工夫をして名刺交換をしているのだろうか?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5