SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

収益予測や解約リスクの見える化まで!サブスク管理の「ソアスク」がSalesforceと実現すること

2020/03/18 11:00

 近年、サブスクリプションビジネスの勢いが止まらない。いずれの業態でも新しいサービスが生まれ、大手企業が新規事業として参入するケースも増えている一方、従来の売り切り型ビジネスと同じシステムや管理手法を採用し続け、業務の最適化が不十分な組織も少なくないという。企業として長年クラウド製品を提供してきたオプロが、サブスクリプションビジネスに特化した管理アプリ「ソアスク」をリリースした背景にも、顧客の抱えるそうした悩みがあったようだ。

企業として培ってきたノウハウがソアスクの価値に

――まずは、おふたりがオプロに入社されるまでのご経歴から伺えますか?

鈴木 オプロに入社する前は、大手のSIerやコンサルティングファームに勤めていました。システム開発、中でもERPの領域を主に担当していたのですが、クラウド製品を扱う仕事がしたいと思ってオプロに入社し、7年が経ちます。現在は主にソアスクの開発を担当しています。

吉田 私は前職もSalesforceのパートナーでした。Salesforce Venturesの出資を受けてゼロから立ち上げたAppExchangeの製品開発と営業を3年間担当し、一通り結果が出たタイミングでオプロに入社して1年が経ちます。現在はオプロが提供するサービス全体の営業責任者です。

 
(左)株式会社オプロ セールスエンジニアリング部 部長 鈴木孝信さん/(右)同社 セールスコンサルティング本部 本部長 吉田順一さん

――企業のドキュメント作成をサポートするソフトウェアやクラウドサービスを提供されていた御社が、昨年6月にサブスクリプションビジネスの管理アプリ「ソアスク」をリリースするに至った背景を教えてください。

鈴木 約3年前、OPROARTSという帳票生成ソリューションを基盤に見積書や請求書を作成できるアプリの構築を始めたのですが、単純な販売管理の機能だけでは競合製品との差別化が難しいので、業種や業界に特化した機能を持つアプリにシフトさせるという経営判断が働きました。弊社は長年SaaSベンダーとしてサブスクリプションビジネスに携わってきたので、この分野に特化すれば仕組みだけでなくノウハウも含めた価値をお客様に提供できると考え、サブスクリプションビジネス特化型のソアスクをリリースしました。

吉田 AppExchangeの制度が正式に発足する前から、弊社はサードパーティー的な立場でSalesforceと協業関係にあったのですが、彼らのお客様の多くがサブスクリプション型のビジネスを展開されていたことも、この分野に特化したきっかけのひとつです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5