SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

約半数が職場のハラスメントを実感も、95%は企業のハラスメント対策「不十分」の声/ライボ調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「Job総研」を運営するライボが、過去1年間のハラスメント実態に関するアンケート調査を実施した。パワハラの防止対策のひとつとして、2019年5月に改正労働施策総合推進法(以下、パワハラ防止法)が成立した。大企業では2020年6月に施行され、中小企業では2022年4月から施行が予定されているものの、増え続けるハラスメントの中でも、「パワハラ」の相談は年間8万件以上、都道府県労働局に寄せられている。2020年のパワハラ防止法施行から、1年が経過した現状のハラスメント実態を調査するべく、アンケート調査が実施された。

男性から男性へのハラスメントが最多 20代・30代が6割

 全体の半数が、過去1年間で何かしらのハラスメントを実感し、32%が「実際にハラスメントの被害を受けた」、15%が「当事者ではないが社内でハラスメントがある」と回答した。

 

「実際に被害を受けた当事者」による男女比は「男性」が65.7%で、「誰からのハラスメントか」という設問でも76.2%が「男性」と回答し、「男性から男性へのハラスメント」もっとも多い結果に。また、雇用形態では正社員の被害が87.2%で、20代・30代の割合が60%を占め、勤続3年以内の被害が58.1%であった。

 

 ハラスメント被害の中でも「パワハラ」が79.7%ともっともが多く、次いで「モラハラ」が44.2%。少数回答の中には、コロナ禍を理由にした「差別的言動や嫌がらせがあった」という「コロハラ」に言及する回答もあり、社会情勢を反映したハラスメントの存在も明るみに。

 

「個人や能力を否定する言動」57.2%、「第三者がいる場面での罵倒」が46.8%など

 ハラスメントの内容を尋ねると、96.5%が「精神的な攻撃や嫌がらせを感じている」と回答。具体的な内容を問う設問では、「個人や能力を否定するような言動」が57.2%、「第三者がいる場面での罵倒」が46.8%、「役職や地位を振りかざすような言動」が43.9%という結果に。

 

ハラスメント被害の対応「何もしなかった」が最多

 ハラスメント被害の対応として、「何もしなかった」という回答がもっとも多く、次いで「退職した(転職を決意した)」が続いた。

 何もしなかった理由を尋ねると、「相談できるような環境がない」「職務上の不利益につながりそう」「自分が我慢すれば良いと思った」という回答が目立つ中、「被害を受けているのが自分だけではないから」と、ハラスメントが社内で蔓延している実態を示す回答も。

 

社内のハラスメント防止対策「十分な対策をしている」は5.2%

 社内のハラスメント防止対策の実施状況に対して「十分な対策をしている」という回答は5.2%であった。一方、「対策はしているが不十分」の声は51.4%、「対策はしていない」は41%と、社内のハラスメント対策の不十分さが推察される結果に。なお、具体的なハラスメント防止対策については「定期的な個人面談や研修を設けている」「ハラスメント相談窓口を設けている」が最多であった。

 

調査概要

  • 調査対象:20人以上の規模の会社に勤務している社会人374名
  • 調査期間:2021年6月4日~6月11日
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2610 2021/06/23 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング