SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

ブイキューブとセールスフォースが機能連携 ウェブ会議の商談メモや結果など営業活動履歴を1クリック登録

2020/06/22 06:00

 ブイキューブは、オンライン営業専用のウェブ会議サービス「V-CUBE セールスプラス」と、セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforceとの連携機能「V-CUBE SalesPlus for Salesforce」を提供開始した。これにより、商談中のメモ、商談結果といった営業活動履歴がSalesforceに。また、蓄積されたオンライン営業のデータを分析・活用することが可能となる。

 V-CUBE セールスプラスは、withコロナ時代の「営業の働き方改革」を目指す営業専用のウェブ会議サービス。1クリックで入室画面を誘導でき、映像と資料共有を組み合わせたオンラインでの商談を実施できる。「商談メモ」や「商談結果判定(成功・進展・継続・失敗)」といった活動記録に加えて、取引先からの「商談の評価」「メッセージ」を記録することができる。

 ユーザーからは、同サービスが商談の可視化につながると好評だった一方で、オンライン営業の活動履歴がV-CUBEとSalesforceに分散しているため、データの一元化をして欲しいという声が挙がっていたことから、今回の連携機能の提供に至ったという。

 V-CUBE SalesPlus for Salesforceは、Salesforceの画面からV-CUBE セールスプラスを起動し、そのままオンライン商談を開始することができる。商談後に「V-CUBE セールスプラス」で行った商談中のメモ、商談後の「商談結果判定」といった営業活動データと、取引先からの「評価」・「メッセージ」を1クリックで自動的にSalesforceの「活動履歴」に登録することが可能となる。

 これにより、営業担当者の業務効率化だけでなく、蓄積されたデータの分析・活用により、営業業務全体の見える化が可能に。また、営業組織管理者はオンライン商談が「どれくらい開催されているのか」「どんな結果の商談が多いのか」「どんな評価を受けることが多いのか」といったデータ分析、営業活動の改善を行うことができる。

 なお、同サービスは2020年9月末までは無料で利用可能。両サービスを契約しているユーザーは、セールスフォース・ドットコムが公開・提供しているapp exchengeよりアプリケーションをインストールし、マニュアルに従って設定、利用を開始できる。

 今後は、管理機能の強化を進めていく。また、ユーザーから要望の多い管理者による「ファイル転送のON/OFF制限機能」や「商談資料の承認・共有機能」や、独自ダッシュボードによる商談の回数・結果・顧客評価の表示機能を2020年内に実装していくとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5