SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

“印象に残る人”と“すぐ忘れられてしまう人”の差とは


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 コロナウイルス感染症が「5類」に移行となり、“リアル”の仕事が増えてきた。さまざまな営業スタッフと直接顔を合わせることも多くなっている。お会いして、「魅力的な人だな」と思うこともあれば、「あまり印象に残らない人」もいる。営業スタッフとしては印象に残ったほうが良い結果につながるのは間違いない。ふたつを分かつ要因は何だろうか。今回は印象に残る人と残らない人の違いについて紹介したい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「何かに夢中になっている人」は魅力的である

 初めて会った際、お互いの緊張を解くために“ちょっとした雑談”をする。いわゆるアイスブレイクと言われるものだ。こういった場面で、少し話をしただけで「この人の話は面白いし、魅力的だ」と感じることがある。一方で、話をしていても「まったく印象に残らない」と感じる人もいる。

 印象に残れば、仕事をお願いしたい際に「あの人はどうだろうか」と思いだす。印象に残らなければ声が掛かることはない。さて、両者の違いは何だろうか?

 ある営業会社の人事部長と話をしたときのこと。面接の際に“当たり障りのない話をする人”は印象に残らないという。受け答えはしっかりしており、志望動機などの内容も何の問題もない。こういった人を採用すれば無難な感じもするが、その後営業としてなかなか結果を出さないという。

「一方、『エピソードが面白い』人が大化けするケースは少なくないんですよ」と言う。自己アピールや志望動機が今ひとつ。しかし、スポーツや趣味の世界に没頭しており、その話が面白い。こういった人はなぜか結果を出すという。

 この部長の話を聞いて、あるトップ営業スタッフを思い出した。営業スタッフAさんは銀行員から生命保険の営業職に転職した。Aさんの趣味は自転車。私がヒルクライムで有名な榛名山(群馬県高崎市)の近くに住んでいると話すと、自転車について熱く語り始めた。部品を取り寄せカスタマイズして、息子とふたりでいろいろな山を登っている。自転車にあまり興味がない私でも飽きることなく聞き入ってしまった。

 もうひとりは住宅営業のBさん。Bさんはとにかくゴルフにハマっている。最近は“ダブルス”にも出て、上位に入ることも。かなりの腕前だ。

 私もゴルフをするためボールについて質問してみた。するとBさんは「知られていないのですがこのボールが良いですよ。通常のボールより数グラム重くなっていて飛びますし、アゲインストにも強いです」と話をしてくれた。スイング理論から道具まで、とても詳しい。とにかく楽しい時間だった。

 私はゴルフが趣味なのでBさんのほうが話は盛り上がったが、Aさんの話も甲乙つけがたいくらい面白かった。自転車の世界に縁がない私にも十分楽しめたのだから。とにかくこのふたりからは強烈な魅力を感じた。

 いろいろな人にお会いするが、“何かに夢中になっている人”は魅力的と感じる。こういった人と話をすると「今後も縁を持ちたいな」という思いになる。このタイプのトップ営業スタッフは「仕事の話をしていないのですが、なぜか契約に至ります」と言う。人としての魅力にお客様が吸い寄せられる。だからこそ自然に結果がついてくるのだ。

次のページ
会社の“スタッフブログ”からも熱量は伝わる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4953 2023/09/14 17:51

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング