SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

イベントレポート

オラクル社の営業改革 カギは新卒採用/ROIが93%向上したマーケとセールスの連携事例も[MCXレポート]

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 米国時間2019年3月19~20日、米オラクル社は「Modern Costomer Experience 2019」を開催。マーケター中心のイベントだったが、リアルタイムで、より一貫した経験を顧客提供していくという思想のもと、マーケティングのみではなく、「セールス」や「サービス」も対象となるイベントへと変化してきている。本稿では、BtoBマーケティング・セールスに関連した3つのセッションの情報をお届けする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「Oracle Digital」戦略のカギは新卒採用

 イベント2日目のキーノートにはオラクルCEOのMark Hurd氏が登壇。CX領域の責任者であるRob Tarkoff氏が、Hurd氏にインタビューをするような形式でセッションが行われた。

 4,000人の営業担当者を有する同社でも自社の製品を活用した営業のデジタル化が進んでいるという。営業は従来のやり方を脱却し、機械学習やツールを活用してプロセスを自動化・効率化しながら、会社の代表として顧客から信頼されるアドバイザーであることが求められているという変革期にあるとTarkoff氏は述べ、Hurd氏に営業組織を中心とした自社の改革について尋ねた。

 
左:オラクル社CEO Mark Hurd氏/右:Rob Tarkoff氏(同社Executive Vice President and General Manager, CX Cloud)

 Hurd氏はまず、「マーケティングプロセスとセールスプロセスは統合されるべき」だと説いた。プロセスが統合されれば、営業担当は従来マーケティング担当が把握していた「顧客がデジタルでどのような興味を持っていたか」ということを事前に知り、関心に合わせた会話をすることができるようになるためだ。

 近年、「Oracle Digital」というインサイドセールスを中心とした組織にも力を入れている同社。米国や欧州を中心に、彼らの活動の拠点となる「Oracle Digital Hub」という施設を立ち上げており、2019年1月に日本でも「Oracle Digital Hub Tokyo」がオープンした。「Oracle Digital」では、若い人材を多く採用するなど、かなりの金額を投資しているという。Hurd氏は、若者のポテンシャルを感じたひとつのエピソードを披露した。

 「私には1年前に大学を卒業した娘がいて、彼女が大学の同級生の男子3人を自宅でのディナーに招待したのです。彼らはSaaSのスタートアップで働いていました。彼らが何をしているかというと、寝る・パーティーをする・営業活動という3つ。非常にシンプルにその3つを繰り返していますが、彼らのモチベーションは非常に高かったのです。自分たちがこれほどの熱量を持っているだろうかと考えました」

 営業担当者の採用は競合間でトレードしあっているような状況に陥っているとHurd氏。一方で、大学を卒業する若者たちの中には、ポテンシャルの高い人材が多く含まれているにもかかわらず、そこに目をつけている競合は少ないという。オラクルは、現在10,000人の新卒採用を行っており、彼らの採用が先述した「Oracle Digital」戦略における重要なピースだと述べた。

 とはいえ、新卒の力は未知数。改革始動から5~6年が経ち、育成プログラムがうまく回り始め、ファーストラインマネージャーに昇進したメンバーもいれば、営業職だけでなく、プリセールスや、コンサルタントとして活躍する人材もいるという。

 Rob氏から、この人材育成サイクルについての長期的な見通し、競合に対する優位性について問われ、Hurd氏は以下のように答えた。

 「ミレニアム世代の社員にとって必要なことは、勝つこと、勝つ環境にいること、そして挑戦できる状態にあることだと考えています。それが従業員とのエンゲージメントを高めることにもつながります。経営は、そのための環境を作り、必要なツール、インフラ、トレーニングを提供することが重要だと考えています」(Hurd氏)

次のページ
データとAIの活用で営業活動に集中できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/393 2019/04/22 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング