SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

平均年収1,000万円超! 高給取り総合商社の社員が1人あたりいくら稼ぐのか計算してみた

 商社マン・ウーマンは、会社の資産や経費を活用していくら稼いでいるのか。あらゆるビジネスシーンでライバル関係にある総合商社6社について、グループを率いる親会社社員の平均像に迫ってみた!(表では決算数値を従業員数で除して1人当たりの金額に換算している。法人所得税は連結ベース、その他はすべて単体ベースである)

1人あたり数千万単位の稼ぎも!総合商社の数字をチェック

 平均年収1,000万~1,500万円。就職希望先として人気が高い総合商社の社員は高給でも知られる。それに見合う稼ぎがあるからだろう。

 たとえば、従業員がおよそ5,000人の三菱商事の場合、自分たちの給料などを差し引いても、1人当たり数千万円単位の当期純利益を計上している計算になる。当期純利益は会社としての最終的な利益を示すもの。17年3月期は2,449万円、18年3月期は7,253万円だった。

三菱商事の場合

  17年3月期 18年3月期
従業員 5,217人 5,020人
当期純利益 2,449万円 7,253万円
利益剰余金 3億2,500万円 3億8,000万円
総資産 14億2,400万円 14億1,500万円
有利子負債 7億2,700万円 7億200万円
法人所得税 79万円 253万円
受取配当金 5,864万円 9,376万円
受取利息 577万円 706万円
支払利息 372万円 473万円
投資有価証券売却益 543万円 716万円
投資有価証券売却損 287万円 109万円
売掛金 1億4,900万円 1億6,300万円
買掛金 1億2,000万円 1億3,000万円
旅費交通費 231万円 246万円
交際費 58万円 57万円
通信費 13万円 12万円
広告宣伝費 30万円 33万円
寄付金 41万円 32万円
従業員給与 906万円 949万円
従業員賞与 785万円 892万円
福利費 225万円 234万円

 従業員数が三菱商事を上回る三井物産の場合は、17年3月期2,565万円、18年3月期6,145万円での推移である。

三井物産の場合

  17年3月期 18年3月期
従業員 5,971人 5,859人
当期純利益 2,565万円 6,145万円
利益剰余金 1億4,600万円 1億9,200万円
総資産 9億7,900万円 10億2,200万円
有利子負債 5億2,400万円 4億7,900万円
法人所得税 149万円 294万円
受取配当金 5,209万円 6,844万円
受取利息 169万円 264万円
支払利息 467万円 601万円
投資有価証券売却益 865万円 3,376万円
投資有価証券売却損 38万円 56万円
売掛金 1億1,000万円 1億2,100万円
買掛金 8,087万円 8,458万円
旅費交通費 202万円 219万円
通信情報費 369万円 339万円
従業員給与 728万円 728万円
従業員賞与 563万円 581万円
福利厚生費 226万円 219万円

 その他の4社については18年3月期だけを示している(次ページ)が、住友商事3,791万円、豊田通商2,610万円、伊藤忠商事2,549万円、丸紅1,510万円である。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5