SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

ゴルフ上級者とトップ営業スタッフの共通点

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 少し前まで「ゴルフは中高年がするマニアなスポーツ」と思われていた。年々ゴルフ人口は減少し、倒産したり、太陽光発電に変わってしまったりしたゴルフ場も少なくない。ゴルフを趣味とする私にとってこれほど寂しいことはなかった。ところが、ここ最近ゴルフ人口が増加傾向にある。実際、ゴルフ場に行けば若い人の姿を多く目にするようになった。きっかけのひとつは新型コロナウイルスの蔓延だろう。三密になる室内のスポーツは避けられ、広々とした野外で行うゴルフに注目が集まった。ゴルフというスポーツは営業活動と通じることがたくさんあると考える。今回は“ゴルフ上級者とトップ営業スタッフの共通点”ついてお話しさせてほしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

ゴルフ上級者は常に周囲を見てプレイする

 私はゴルフが好きでいろいろな方とラウンドさせていただく。ゴルフは怖いくらい本性が出てしまうスポーツのひとつである。普段おとなしい人でもゴルフを始めた途端、人が変わったように感情をあらわにする。「この人は誠実な人だ」と思っていた人が、スコアをごまかしたりボールの位置を無断でずらしたりと不正をすることもある。こうした姿を見て取引をやめることも。昔から「1回ゴルフをすればその人の人間性がわかる」と言われており、ビジネスでよく使われてきた理由も納得できる。

 ゴルフはとかくマナーを重視するスポーツ。服装に関しても次のような決まりがある。

  • ジーンズやジャージは禁止
  • 襟付きのシャツを着る
  • スニーカーは禁止

 プレイに関しても、ペナルティは課せられないものの、マナーやルールが数多く存在しており、それを守りながら楽しむスポーツである。ゴルフ上級者はしっかりとマナーやルールを守り、人に迷惑をかけずにプレイを楽しんでいる。

 ゴルフの最大の特徴は自分のプレイ時間より、ほかの人のプレイを見る時間のほうが長いということ。4人でラウンドすれば自分以外の3人のプレイをしっかり見る必要がある。それなのにも関わらず、下手な人はまったく周りが見えていない。そもそも人のことを見る気がないから“人に迷惑をかけている”ことにすら気がついていない。だからどうしてもマナーが悪くなってしまう。

 

 たとえばミスショットをしたとする。「チェッ!ダフリかよ」と文句を言いながら、これから打つ人がいるのにも関わらず前に歩き出したりする(ショットを打つ人の前に出るのはマナー違反であり、危険)。仲間内でのゴルフならこれでも許されるかもしれない。しかし上級者とラウンドしたのなら、間違いなく嫌われることに。これだけで仕事のチャンスを失うことだってある。

 一方、ゴルフが上手い人は決してほかのプレイヤーに迷惑をかけない。常にほかの人の立場になって考えながらプレイしているからだ。また他人のミスから「ボールをよく見て打つようにしよう」などと気づきを得る。ゴルフでは“ほかの人が見えているか”もしくは“相手のことを気にかけているかどうか”が非常に大切な要素になる。

 これはトップ営業スタッフとダメ営業スタッフとの関係と共通している。

次のページ
トップ営業が“お客様以外”に観察しているのは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3072 2022/01/05 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング