SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

長期化するコロナ禍、モチベーションアップの方法とは? 「7年間ダメ営業スタッフ」の経験に学ぼう

 新型コロナウイルスの感染拡大は長期化している。景気は落ち込んでいるし、営業成績も上がらない。リストラの話も出始めている。先が見えない中、営業スタッフは不安でいっぱいだ。こんな時期はなかなか営業活動のモチベーションが上がらないものだ。ただ、下を向いていても状況は良くならない。なんとかしてプラス思考で気持ちを盛り上げていく必要がある。この時期の最適なモチベーションアップ方法について紹介させてほしい。

長引くコロナ禍、対面の「ガス抜き」も難しい

 新型コロナウイルスはしぶとい。感染者数も減少したかと思えばまた増える。これからも長期的に付き合うことになるだろう。

 多くの営業スタッフは苦戦している。人によっては「こんなに契約がとれないのは、初めてです」と嘆いている。それゆえに退職してしまったといった話も聞くようになった。

 契約はとれないし、周囲の雰囲気も暗い。ニュースを見れば悪い話ばかり……。こんな時期はどうしてもモチベーションが上がらないものだ。

 だからと言って、気分転換もやりにくい。

 コロナ禍以前なら、お酒を飲める人であれば「飲んでパッと気分転換だ」ということもできた。飲めない人でも「仲間で集まって愚痴を言う」といったガス抜きもできただろう。

 しかし、今は三密を避けなくてならない。普段の会話すら禁止されている。とにかく対面のコミュニケーションがとれないのだ。

 

 雰囲気は暗く、気分転換もできないとなると、精神的にもきつい時期だ。こういったときこそ「モチベーションを上げる工夫」が必要になってくる。

 今回は私が「ダメ営業スタッフ」時代にやっていたモチベーションアップ方法を紹介させてほしい。私は7年間、ダメ営業スタッフ時代を経験している。

 今思えば「7年間いい勉強になった」と思えるが、23歳~30歳までの間は「この地獄が永遠続くのだろう」と絶望的になっていたものだ。

 扱っていた商品は住宅。住宅は高額商品のため、そう容易に売れるものではない。ダメ営業スタッフということは、”契約ゼロ月”が長く続くということなる。3ヵ月、4ヵ月の契約ゼロは当たり前。契約が取れないまま6ヵ月、7ヵ月となると、精神的に追い込まれ普通の状態ではいられなくなるのだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5