SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

SBIビジネス・ソリューションズ、大分銀行・OECと連携協定を締結 ITで大分企業の生産性向上を支援

2019/09/27 15:10

 総合FinTechソリューション企業であるSBI FinTech Solutionsの子会社でバックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズは大分銀行ならびに株式会社オーイーシー(以下、「OEC」)と、大分県内企業のIT活用支援を図ることを目的として、クラウドワークフローシステムの導入支援に関する連携協定を締結したことを発表。

 SBIグループは、地域金融機関との協業を通じて地方創生に貢献すべく、グループを挙げてさまざまな取り組みを進めている。その一環として大分県内の企業と強固なネットワークを持つ大分銀行ならびにOECとの協業を通じ、IT活用による生産性向上のファーストステップとして、大分県内企業向けに低コストかつ短期間で手軽に導入可能なクラウドワークフローシステム「承認Time」の導入拡大を目指していく。本連携協定は、ITツールの紹介のみにとどまらず、導入から積極活用・定着化まで、大分県内企業に対し手厚いサポートができる体制を構築した点が特徴。

 クラウドワークフローシステム「承認Time」は、稟議申請、捺印申請をはじめ社内のあらゆる申請・回覧書類を電子承認のフローに載せることができるクラウド型のワークフローシステム。書式作成はテキストやリスト選択、チェックボックスといった項目を選択して直感的に設定できるため、システムに関する専門的な知識は不要、誰でも手軽かつ短期間で導入することが可能。

 また、マルチブラウザ対応により、PCのみならずスマートフォンやタブレットでも利用可能で、外出中や出張先からでもウェブで申請・承認が行えるため、滞りがちな承認作業の改善にもつながる。さらに、承認状況の可視化を実現することにより、企業の迅速な意思決定と社内文書のペーパーレス化に貢献する。

調印式の模様

 
左より、SBIビジネス・ソリューションズ 代表取締役社長:夏川雅貴氏、大分銀行頭取:後藤富一郎氏 OEC専務取締役:津行孝充氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5