SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

三菱重工、出張・経費管理の効率化とコスト削減目指し「Concur Travel&Expense」導入

2019/05/13 15:30

 三菱重工業(以下、三菱重工)は、出張・経費管理業務のプロセス改革の基盤として、コンカーの提供する出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を採用。同社はすでに請求書管理に「Concur Invoice」を採用しており、コンカーのソリューションを利用した間接業務改革を推進している。

 三菱重工は、グローバル展開を含め、さらなる事業拡大による成長戦略の一環として、業務改革や働き方改革に取り組んでいる。特に同社では、グループ会社も含めた間接業務の効率化を推進しており、そのひとつの施策として、新規に出張旅費精算システムの導入を行うことした。現在のシステム設計から一定の年数が経過し、その間、交通機関等の発達やIT環境の進歩など、出張を取り巻く環境が大きく変化しているなか、事業の拡大・競争の激化にスピーディに対応するほか、社員・会社双方の精算作業の負担軽減により生産性を向上させるため、同社が独自に開発した旧システムを廃止し、出張管理に「Concur Travel」、経費(旅費)精算・管理に「Concur Expense」を採用するにいたった。2019年7月に三菱重工のグループ会社を含め、従業員約3万人を対象に本番稼働を予定している。

 「Concur Travel」の利用により、従業員は会社の出張規程に即した航空券やホテルなどをオンラインで簡単に手配できるほか、企業は出張規程遵守を徹底できるため、出張コストの削減を実現できる。また、「Concur Travel」の予約情報は「Concur Expense」と連携するため、従業員の経費精算申請の手間を省ける。「Concur Expense」ではモバイルを使って従業員が外出先から経費精算申請・承認ができるほか、交通系ICカードの乗車履歴の読み取りや法人カードの経費データ自動連携など、経費精算業務の効率化により従業員の生産性向上と働き方改革を実現する。

 さらに、分析ツールである「Concur Business Intelligence」により経費支出の可視化・分析を図ることで、適正な経費使用を促し、ガバナンス強化を目指す。なお、設定変更などのメンテナンスを専任の担当者が対応するコンカーのサポートサービス「サービスアドミニストレーション」も併せて採用。運用工数を最小限に抑えつつ機能を適切に活用することで、導入効果を最大化できる。

 コンカーの代表取締役社長である三村真宗氏、次のようにコメント。

 「三菱重工様の出張・経費管理業務の基盤としてConcur Travel&Expenseが採用されたことを大変嬉しく思います。国内外でご活躍される三菱重工様の社員の皆様の、出張手配や経費精算といった作業負荷を取り除くことで、業務改革、働き方改革の推進をご支援させていただきたいと考えております」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5