SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

約60%が「デジタルツールの導入が生産性向上につながっていない」と認識/WalkMe調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 WalkMeは、社員500人以上の幅広い業界の企業を対象に、企業内でのデジタルツールの利用状況に関する調査を日経BPコンサルティング社とともに実施し、「デジタルツールの利用状況 調査レポート 2023年版」を発表した。

調査概要
  • 調査対象:「日経ビジネス電子版」読者
  • 調査機関(調査主体):WalkMe
  • 調査企画:日経BPコンサルティング
  • 有効回収数:次の条件合致者を有効票とした419人
    1)勤務先が「従業員500人以上」
    2)地位/役職が「契約社員」「その他」は除外
  • 調査方法:ウェブ調査
  • 調査実施期間:2022年10月3日~16日

デジタルツール導入の目的は「業務の効率化」「競争力の維持・拡大」など

 企業内で営業管理システム・データ分析・コラボレーションツールなど、デジタルツールを活用する立場の従業員を対象とした調査において、全体の85%を超える回答者が「デジタルツールの活用」を重要な経営課題として挙げた。また、一般社員のみで見ても、デジタルツールの活用が重要であると認識している人は80%を超える結果となった。その数値は従業員規模が大きくなるに従い上昇している。

「デジタルツール活用」の目的は、90%の回答者が「業務の効率化」と回答。また、従業員2,000人以上の企業では、「社員エクスペリエンス(EX)の向上・優秀な人材の確保」を目的に挙げる人の比率が、従業員2,000人未満の企業と比較すると高く、最大で28ptの開きがあった。

「デジタルツールの導入が生産性向上につながっていない」と認識している人、前回調査から約12pt増加

「デジタルツールの導入が生産性向上につながっていない」と認識している人は全体の約60%を占めた。前回の調査(2020年)では48.4%であり、この2年間で約12pt上昇している。

デジタルツールの習熟度に不安を抱くユーザー、2年で約2倍増加

 前回調査(2020年)では、デジタルツールの習熟度について「あまり習熟していない」「習熟していない」と回答した人は全体の15.2%であり、今回の調査では31.7%と約2倍に増加した。

 また、デジタルツールの使い方がわからない際、3人にひとりが1ヵ月に1回以上、10人にひとりが1週間に1回以上「使用を断念してしまう」「入力がいい加減になる」と回答している。

従来の運用サポートの限界、50%以上がマニュアルに不満を抱く

 デジタルツールを使用する際の不満点について調査したところ、「マニュアルが大量にあり使いこなせない、マニュアルがわかりにくいため解決効率が悪い」と回答する人が49.6%となった。

 また、約70%の人が現在も週2回以上の在宅勤務を実施しており、ハイブリッド勤務が常態化する中、約30%の人が「すぐに相談できる人が周りにいなくて困る」点を指摘している。

従業員が求める運用サポート、「選択などの定型操作の自動実行」「操作に迷わせない」仕組みなど

 今後開始してほしいサポートとして挙げられたのは、「入力や選択など定型操作を自動実行するなど『入力間違いを起こさせない』ツールの利用」が55.4%ともっとも多く、次に「用語説明や入力ルールを操作画面上に表示するなど『操作に迷わせない』ツールの利用」(54.2%)が続いた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4692 2023/04/17 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング