SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

2人に1人が「会議時間が長い」と回答 「会議」に対する問題意識は7割超/monomode調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「Huddler」を運営するmonomodeは、全国20~50代の会社員を対象に「会議」「打ち合わせ」に関する調査を実施した。

7割が「会議」に問題意識も、「行動できてない」が4割超え

「『会議』『打ち合わせ』に対して何か改善が必要と感じますか?」と尋ねると、「必要と感じているが、行動できていない」という回答が45.93%と最多であった。なお、「早急に改善が必要と感じ、すでに実行している」が12.59%、「必要と感じ、計画・行動し始めている」が18.52%、「とくに感じていない、現状行動するつもりはない」が22.96%と続いている。行動の有無を問わず会議に対する問題意識を抱える旨の回答は約77%であった。

 

2人に1人が「会議時間の長さ」を指摘

 会議、打ち合わせにおける「無駄」の有無を尋ねる設問では、「時間が長い、終了時間が決まっていない」が51.85%と最多、次いで「目的が不明瞭、開催する必要のない会議が多い」が42.96%、「人数が多い、適正な人数ではない」が23.7%、「会議の進行が緩い、司会が決まっていない」が21.48%と続いた。

 

情報のやり取りへの課題感「アジェンダ共有がない」が最多

 会議や打ち合わせで発生する「情報のやり取り」における課題感を尋ねる設問では、「事前の議事(アジェンダ)共有がない」が21.15%と最多、次いで「会議後の議事録の共有がない」が17.31%、「データ(資料等)を集約する場所やツールの管理が属人化している」が17.31%、「決定事項・ルールを確認できる場所がない」が20.19%と続いた。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3158 2022/01/18 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング