SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

8割超が「翻訳スキルに不安」 ビジネスパーソンの6割が翻訳ツールのセキュリティを重視/NTTコム調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 NTTコミュニケーションズは、グローバルでのビジネスコミュニケーションがますます増加するなか、業務で外国語を使用する10代から50代のビジネスパーソン500人を対象に実態調査を実施。その結果、有料翻訳ツール利用者の6割以上が「セキュリティ」を重視していることが判明した。

同実態調査の主な結果

 コロナ禍での勤務形態について、週に1日以上リモートワークを行う割合は約6割であり、「資料や契約書などを翻訳する際、自身で翻訳する頻度が増えた」と答えた人は、リモートワークをしている人のほうが、していない人と比較して約4倍も多い結果となった。

 これは、外国語を利用したやり取りが必要な際に、対面でのコミュニケーションに代わり文字によるやり取りが増えたこと、リモートワークの拡大により英語が得意な人に気軽に相談しにくくなったことなどから、翻訳ツールなどを活用し自身で翻訳する機会が増加した結果と考えられる

 なお、回答者の8割超が自身の翻訳スキルに不安を抱えており、翻訳ツールへの期待が高いことがうかがえる。

セキュリティへの期待

 また、有料の翻訳ツールに対して6割以上が、「セキュリティ面」への不満・不安を感じており、有料翻訳ツールに対するセキュリティへの期待が高いことも判明した。

調査概要

  • 調査手法:インターネットによるアンケート調査
  • 調査エリア:全国(国内)
  • 調査対象:10代~50代のビジネスパーソン
  • サンプル数:500サンプル
  • 調査条件:業務で外国語を使用する人(2~3ヵ月に1回以上)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2714 2021/07/30 10:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング