SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

NTTデータ経営研究所など、ワーケーションの実証実験結果を発表 終了後も抑うつ感が42.5%低減

2021/06/23 06:00

 TIS、NTTデータ経営研究所、南紀白浜エアポートは、和歌山県で「ワーケーション」と在宅リモートワークの比較検証を行う実証実験を実施した。その結果、在宅リモートワークと比較して、ワーケーションが業務生産性、および心身の健康にポジティブな効果を及ぼすことが明らかに。

ワーケーションによる効果

 1~3については、不参加群(在宅リモートワーク群)ではワーケーション参加群で見られたような変化は見られなかった。

1. 職業性ストレス(労働に際して発生する身体的・心理的なストレス)

 ワーケーション期間中およびワーケーション終了後も低減。とくに抑うつ感(気分の落ち込みや物事に集中できない感覚)は、期間中に最大56.2%、終了後も42.5%低減した。

2. リカバリー経験(良質なパフォーマンスを発揮するための業務後の回復機会)

 ワーケーション期間中に26.5%、ワーケーション終了後も23.2%向上。

3. ワークエンゲージメント(仕事に対する活力・熱意・没頭の程度)

 ワーケーション期間中に23.9%、ワーケーション終了後も15.9%向上した。ワークエンゲージメントの高い従業員が多い企業は、収益性が高く、離職率・無断欠勤が大幅に少ないことが別の研究で明らかになっている。

4. ワーケーション参加群の仕事のパフォーマンス

 ワーケーション前後で、規定された職務(指示・期待された仕事を十分に行っている程度)は14.8%、WHO-HPQ(WHOが定める国際的な生産性指標)は17.2%向上。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5