SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

ウイングアーク1st、BIダッシュボードユーザー向けのAIチャットボットによる顧客サービスを開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ウイングアーク1stは、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」「MotionBoard Cloud for Salesforce」のユーザー向けに、新機能としてAI技術を活用したチャットボットによるサポート機能を実装し、提供を開始した。

 AI技術の活用については、PKSHA Technologyとの業務提携の一環として、PKSHA Technologyのグループ企業であるBEDOREのチャット型対話エンジン「BEDORE Conversation」を組み込んでいる。

 MotionBoardは情報システム部門やSEなどのシステム構築に精通したユーザーだけでなく、営業や経理などさまざまな部門のユーザーに利用されており、各業務内容に合わせた、柔軟なサポートが求められていた。同社では、サポート提供形態としてウェブフォームからの問い合わせをメインにしていたが、「ユーザーが問い合わせを行う敷居が高い」「リアルタイム性・インタラクティブ性の高い対応にしてほしい」という声が挙がっていた。

 実装されるチャットボットによるサポート機能は、MotionBoardの画面から直接チャットボットにアクセスすることが可能になることで、問い合わせへの敷居を下げ、ユーザーのスムーズなシステム構築を目指す。また、問い合わせ内容がAIにより自動でカテゴリ別に収集されるため、それらのデータを分析することでどのプロセスで操作性にハードルを感じるか、などのユーザー動向をより詳細に把握・分析し、サポートや製品品質向上を目指す。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2599 2021/06/21 06:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング