SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

発言者ごとの文字起こしサービス「Sloos」が正式リリース 事前登録無しの話者認識や発話分析も提供

2020/10/27 05:00

 QuantumCoreは、レザバーコンピューティングを活用した発言者ごとの文字起こしサービス「Sloos」の正式版を提供開始した。各種機能を強化するほか、UI・UXの改良が行われている。

 同サービスでは、汎用的なマイク1台で最大10名までの話者を識別し、発言内容をリアルタイムで文字起こしすることができる。Microsoft TeamsやZoomのウェブ会議などと併用した利用も可能で、現在は試用を含む700社以上で導入されている。法人企業向けには、話者ごとの発話分析がレポートで出力できるオプションプランもあり、参加者ごとの発言回数・時間の可視化を通して、生産性向上に貢献する。

 

 初回登録から最大30日間は無償トライアルとなり、翌月以降は利用時間の上限が無い月額800円のパーソナルプランと、月額2,000円のビジネスプランの2種の料金形態が用意されている。なお、現在はリリースを記念して、10月中に無償トライアルを開始したユーザーのトライアル期間を11月末日まで延長するキャンペーンを実施している。

正式版の機能概要

1. 認識率の向上、ならびに句読点や疑問符の表示
 
2. 文字起こし作成中の発言者名の登録・変更
 
3. リアルタイムでのテキスト編集

 

4. 50種類以上の多言語対応
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5