SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

押印プロセスをオンライン完結、PDFの電子署名で詐称・改ざん防止 「電子契約プラットフォームβ」開始

2020/06/26 06:00

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネットは、インターネット環境から電子サインを行い、契約プロセスを電子化できる「電子契約プラットフォームβ」をLab(ラボ)プロダクトとして提供開始する。

 Labプロダクトは、新機能の動作検証およびフィードバック収集を目的として、開発中サービスを実験的に提供するもの。正式サービスとして提供するまでの間、限定的なサービスレベルで利用ができる。

 同ソリューションは、ウェブブラウザから容易に利用可能な電子契約のプラットフォーム。従来契約時に用いられてきた紙媒体への押印・発送、法令上必要な収入印紙の貼付などの業務は不要となる。PDFファイルをクラウド上に保存・管理するため、自宅や外出先など、場所を選ばずに利用することが可能。また、PDFファイルの電子署名技術により、詐称・改ざんを防止する。

 日本商習慣に浸透する紙媒体と印鑑を用いる契約業務は、企業が推進するリモートワーク導入の大きなボトルネックとなっていた。同ソリューションの導入によりセキュアな状態で場所を問わず電子契約を行うことが可能となり、リモートワークにおける課題を解決するという。

 提供する機能は次のとおり。

電子サイン

電子サインを付与したPDFファイルの作成機能が利用可能

文書管理

PDFファイルをクラウド上に保管し、いつでもアップロード・ダウンロードが可能

AATL(Adobe Approved Trust Listプログラム)証明書を採用

Adobe AcrobatReaderの利用により、誰でも文書の完全性を検証できる。

料金

β版提供期間中は無料で利用可能



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5